コードバン ブルー 

a0155648_18353034.jpg
製品にする前の素材としてのコードバンの在庫がかなり少なくなってきました。
次の入荷は未定~。困っております。

上の画像は本日発送した個体でフルコードバンのお財布です。
撮影露出的に濃い目に写っていますね。ネイビーといった感じでしょうか。
外光や照明状態で鮮やかに明るく見えたり、落ち着いた場所では画像のように濃紺にみえる趣きのある色素材です。


a0155648_18405582.jpg
内装にヌメ革のナチュラルな生成りカラーを組み合わせるのも雰囲気あります。
a0155648_18575954.jpg

この素材、普通に使用すれば品良くスーツにも合いますし、ビジネスの場でも使えるのはもちろんですが、
基本ディテールはストーヴルの定番をベースとしていますので、旅やツーリング・屋外活動などの過酷環境でもシッカリ使えます。ハードな御使用にはオプションのウォレットロープがお勧めです。ブラス素材の金具への変更オーダーも可能。

キズ・擦れ等は御覚悟ください。堅牢ではありますが平滑で表面硬度の高く美しいがゆえコードバンはキズは目立ちやすいです。それもテイストとして捉えれば、これ最高。お値段はそれなりに張りますが本当の希少素材。当方にあまり儲けはありません。在庫状況が厳しいのに加え製作難度も高いので、私にとっても厳しい素材でもあります。
魅力のある革なんで出来れば長く扱っていきたいのですが、御注文があっても入荷未定の状況が続きますと製作記録の掲載も躊躇ってしまい参っております。
実はコードバン製品は、今までそれなりの数を作っているのですが、御注文や御相談いただいても在庫や入荷状況の都合でお作り出来ない時もあって気軽に載せづらいといった事情もあったりします。

Λ.昨年発注したコードバン素材の入荷未定がつづいています。当分の間、入荷状況が全く読めません。
 在庫状況は流動的なこともあるんで、御興味あればお問い合わせくださいませ。
 







.





[PR]
# by stovlGS | 2017-06-29 19:00 | Comments(0)

轟沈

というほど大袈裟なものではありませんが、体調不良により4日間ほどお休みしていました。

火曜夜までは普通に仕事を続けていましたが、
水曜日朝に一度起床するも体調がおかしく高熱もあり、直ぐにこれダメなヤツだとわかり寝込んでしまいました。

基本自分はあまり病気にはならないんですけどね。
まぁ私の仕事は、どうしても長時間労働になってしまう製作仕事ですが、ブラックな労働環境ではないと思っています。
無理のないよう楽しく仕事していますし、そうじゃないと良いものなんて仕上げられません。
ユーザーさんからしたって、嫌な心もちで作った物なんて受け取りたくないんじゃないですかねぇ。私はそうです。
以前に書いたことがあったかもしれませんが、数年に一度(7~8年周期)、何かの蓄積?が限界になると(自分では感じていない時が殆ど)前触れも無くやってくるんですね。パタッと。グラッと。それが数日前にきたということです。
いきなり39~40℃に迫る高熱。これが数日間続くのが特徴でして、今回もまさにそのとおり。
熱冷ましを飲んでも一時しのぎで、ただひたすらに高熱が続き、幻覚のようなものや悪夢でうなされますんで、
おかしくなってしまわないのかだけ毎回心配でして。

まぁお蔭様で土曜日の夜にやっと熱も落ち着き37℃台に。やっと楽に起き上がれるようになりました。

途中、金曜日には少し無理して近所の病院で診てもらったのですが、検査しても夏インフルでもなかったですし、
喉の傷みも吐き気もないので、風邪かもわからずだったのも毎回のこと。
診ていただく御医者さまが、熱は出しきったほうが良いとの考えなので、薬をだしてもらっても殆ど飲まないですしね。
※結果は行く前からわかっていることなのですが、お医者さんに掛からないと家族が心配するからっていうのが行く理由の半分だったりもします。でも近所に掛かりつけがある安心感もあり実際は大変助かっております。

病院から帰った後も高熱は続き、寝ていても滞ったお仕事のことが頭に浮かび、うなされながら作らねばと悶々としておりました。

今はPCの前でメールのお返事等しております。
このLOGも仕事前の手慣らしに、余計なことつらつらと記させていただきました。

この数年に一度くる体調不良は自分にとってはリセットでもありまして、
毎回この後は今まで以上に快調になりますので、「良き事」として捉えております。
今後おそらく平成の世の間は間違いなく、オリンピックいやロシアの次のカタールワールドカップまでは来ないてあろう高熱轟沈。

今回は結構消耗しました。でもスッキリもしています。

今月中に完成予定だった御注文が押された格好になっております。
明日から何とか巻き返します。
もちろん完成度については御安心ください。体も頭もリセット出来ています。

よろしくです。












.

[PR]
# by stovlGS | 2017-06-25 03:30 | Comments(0)

BE-PAL誌 掲載

a0155648_01103389.jpg


お知らせ遅くなりましたが、
アウトドアの老舗雑誌、「ビーパル」さんの3月号と6月号に、
お手伝いした記事が掲載されています。

誌面のほうではチラッと顔出しもしておりますです。
といいましても本日が7月号の発売ですので、もう書店に置いてありませんが。。
ビーパルさんはアウトドアやキャンプが好きな方にはおなじみの本ですね。
私も高校生の頃から愛読誌です。

今回も一昨年に続きまして、V6の井ノ原さんと御一緒させていただきました。
3月号では道具を入れる腰袋型ツールポーチとそれを腰に下げられるベースとなるベルト。
6月号では御愛用のビンテージギターに専用ストラップ。

stovlサトーは革の特性や道具の扱い方・革製作における勘所等をお伝えするサポートにまわりまして、
井ノ原さん御自身で製作されています。

もともと物作りを御趣味にされていることもあって革での作業もお上手でして。
革の扱いや造作にも馴れている御様子で、細かいところまでしっかりと取り組まれ良い感じに仕上がりました。
どちらも長くご愛用頂けるとうれしいですね。


すでにバックナンバーとなりましたが、御興味あれば是非ご覧ください。
よろしくお願いしま~す。










.

[PR]
# by stovlGS | 2017-06-09 07:28 | Comments(0)

Λ

a0155648_23270604.jpg
誠に恥ずかしいことではありますが、
現在、製作進度が遅れ気味です。

御注文いただいている皆様には、少し幅をもって納期をお伝えしております。
なるべく完成度高く、長い期間の使用に耐えるよう、
気に入って気持ちよくお使い頂けるには何が必要かを考え、
必ず良い仕上がりになるよう取り組んでいます。

一つ一つの御注文に注力できるよう体制を整えてきましたが、
当方の工法や素材の見究め等の取り組み方では、どうしても時間だけは膨大に掛かってしまいます。
生業としてみれば、時代の逆をいく非効率化ともいえるでしょう。

納期があってのプロなのは重々理解しておりますが、
御期待に沿えていないレベルの物を只急ぎ作り続けることほど、
作り手にとって寂しいことはなく、ユーザー様にとってもマイナスでしかないことと承知しております。
熱い内容のお問い合わせも多く、ストーヴルのお客様はそのような方が多いと感じています。

明日から六月です。
お財布の御注文分の製作におきましても、さらに細かく濃くを維持しながら、
少しスピードを上げられるよう準備を進めています。



Λ.現在、BMW GS用のリアバッグ製作中。
 もう少しで完成のところまできました。
 生涯を共にされる御予定のバイクへ搭載したいと御依頼いただきました。
 キャリアフレームに合わせて正確にフィッティングして納めます。
 
















.

[PR]
# by stovlGS | 2017-05-31 23:53 | Comments(0)

シース フルオーダー 2イン1 

a0155648_15142382.jpg

ハンターナイフ二本収納、ストーヴル特注ワンオフシース。

熊本のハンターさんからの依頼品。数年前に納品済みの個体です。
弾帯とベルトも合わせて御相談頂きました。

長らく愛用されてきた二本のナイフを一緒に収納できる物を御希望で、
以前【ファンシュ―ティング】誌内で作らせていただいた2イン1構造のシースをご覧頂いたようでしたので、
そのイメージに沿ったカタチで意匠と構造に整合性がとれるよう御相談しながら製作した物です。

今後、シース・ベルト・弾帯の3アイテムの製作記をと考えています。
構造検証のサンプル試作やナイフの特徴など含め載せる予定なので、それなりに長い内容になりそう。


Λ.今まで何回も書こうと考えていたのですが、その間に熊本地震があり九州方面のユーザーさん方のことを考えたり、
他にもいろいろと複雑な思いもあり、ずっと引っ張ってしまった感があります。

今まで作ってきたもので載せていない物は定番品のほかにも仕様変更版やワンオフのオーダー製作品など多種多岐にわたります。
このシ―スも記し表していないという意味では自分にとって何処か未完に感じている宿題の一つといいますか。

画像解説つきでご覧頂ければと考えています。












.

[PR]
# by stovlGS | 2017-05-10 11:43 | Comments(0)

GWですね。

a0155648_18063985.jpg


ご無沙汰しております。
ゴールデンウイークですね。
旅行や行楽地に行かれる方も多いと思います。
ドライブやツーリングは安全第一でお楽しみください。

私のほうは毎日忙しく過ごさせていただいております。
更新のない日々がつづいておりますが、元気にやってますので御心配なく。

いろいろと課題の多いこの頃ですが、製作内容は今まで以上に深く濃く細かく、良いものに仕上がるよう取り組んでおります。
量産OEMもメイン業務としていた頃の反動が自分の中で長く続いております。
どんな業種にもいえることだと思いますが、企業から依頼されて携わる物の場合、先方さんの指示でコストや時間の制約の中で作らなければならず、使用上問題はなくとも、もっと出来たであるうところを感じることがあります。
そんなやりきれていなかった部分を後悔なく取り組むことはユーザーさんの利益にもなると思うのです。
より良い製作内容については異論のある御客様もいないでしょうし、私自身がそんな作り手なんですが、
時間が足りません。短絡的な効率化ということではないところで改善しないとですね。

私もここ数日は出たり入ったりするんで、返信が遅れる場合もあるかもしれません。
どうぞよろしく。
















.






[PR]
# by stovlGS | 2017-04-30 06:04 | Comments(0)

BMW R100GS rear bag natural

a0155648_20410931.jpg
r100gsリアバッグのナチュラルカラー。
stovlオリジナル。










.

[PR]
# by stovlGS | 2017-03-23 20:42 | Comments(0)

黒革に ブルーステッチ

a0155648_17131844.jpg

ブラックレザーとの相性はといえば、
やはり革と同色の黒糸が一番締まると思います。

赤糸との組み合わせも相性良く、世間でもその色合わせで作られた物が多いのも頷けます。
ただ少しワイルド気味な印象が強くもありますかね。

そんなときは、「青ステッチ」
ブラックレザーのダークな色めの中に爽やかさといいますか。すっきりした印象になります。
私ストーヴル佐藤も個人的には好きな組み合わせです。

ブラウンステッチも落ち着きがありながらも表情があって良い感じになりますね。


※.作り手の個人的な意見ではありますが、黒革に白ステッチは針目の納まりといいますかステッチの美しさが半減したように感じられます。
残念ですが、いくら丁寧にうまく作っても他の色糸程は良い感じに仕上がらない傾向があります。
黒白のツートーンがどうしてお好きな場合はよいのですが、細かな仕上がりや完成度という観点からしますと、ストーヴルレザーではお勧めとは言いづらい色合わせと感じています。



Λ.現在少し立て込んでおりまして、御注文・御予約頂きましても製作に入れるのは、おそらく6月以降になると思います。
 御迷惑をお掛けしますが、納期については少し余裕をもって御相談頂けますと助かります。
 よろしくで~す。












.


[PR]
# by stovlGS | 2017-03-20 04:28 | Comments(0)

Λ

昨日までトップページに掲載していましたお問い合わせの返信にエラーが出てしまい連絡ができない件ですが、
おかげ様で解決いたしました。
お客様がLogをご覧になり連絡頂きました。
せっかくの御縁ですものねぇ。御興味持って頂いた方と意志疎通が出来ないなんて寂しいじゃないですか。
良かったぁ。

相変わらず更新せずな仕事っぷりですが、それなりに忙しく過ごしております。
とくに先月から今月にかけて、以前御注文頂いたお客様方からのリピート的な御注文が重なりましてね。
これって本当に嬉しいことなんですよ。
どの御注文に関しても良いものになるよう取り組んでおりますが、納めた後の様子はそれほどわからないというのが実状ですし、うちの製品は壊れないですから(笑)そっちの御連絡も皆無なんです。
なので、いつもうちの製品がユーザーの皆様に何か御迷惑かけていないか心配だったりするわけです。
再度の御注文というのは皆様お気に召されてお使い頂いていることが多い御様子ですし、あわせて使用感や御自身の近況などもお知らせくださることも多く、作り手として本当に有り難くホッとする瞬間でもあります。

しっかり作っといてよかったなぁ、なんて確認できるのは納めてから数年後なんていうことが殆どです。
以前お取り引きのあった方々と再度向き合える有難さ、感じ入ります。

自分が納得してリリースできるかが基準となりやっていますから、常に御依頼主の期待を超えるくらいになれるよう努めています。
そうなれているかはわかりませんが、そこが基準でありつづける限り当たり前ですが手抜きやズルい仕事は絶対いたしません。
コダワリとか頑固とかいうたぐいの物事ではなく、気持ち良い嘘のない物を淡々と熱くつくれれば最高なんですよね。













.

[PR]
# by stovlGS | 2017-01-26 01:41 | Comments(0)

あたらしい朝

a0155648_21373979.jpg
2017年。新しい朝。
本年もよろしくお願い致します。

一つ一つの製作に向き合い、良い物に仕上がるようシッカリと取り組みます。
良質材のみを使いディテールごとに細かく造作しながら進める製作方式ゆえ、即納は難しいと思います。
出来る範囲で御希望に沿った形で納めるよう努めますので、少し余裕をもってお問い合わせくださいますと助かります。


仕事一辺倒になりがちな当工房ですが、
元々はモーターサイクルや旅などの屋外活動からの影響や感覚が成りたちのベースとなっている作り手です。
本年は、そのあたりの活動もできればと思います。

宜しくお願い致します。


stovlサトー
















.
[PR]
# by stovlGS | 2017-01-04 21:34 | Comments(0)