フルコードバン ウォレット 内装コンビ オーダー

a0155648_16020042.jpg


ストーヴル定番の長財布、ロングウォレットの仕様変更オーダー品です。
内外装とも、すべてコードバンを使用したフルコードバン仕様。

この個体は、通常版のヌメ革(サドルレザー)からコードバンへというように素材変更の注文品。
更にスペシャルなことといえば、外装のみならず内装側までコードバンを使用しているフルコードバンだということ。

スミマセン今回は外装の画はありませんが、顔料仕上げのコードバンのため、内側の床面は革そのままの色になっています。
ベージュに見えているところですね。
今回は薄型での製作ですので、裏地革の張り込み加工はしていませんが、この部分に内貼りをすることも可能です。

そして、このお財布のもうひとつの特徴的な部分は、ツートーンのコンビネーションカラー。
カードスペースを構成するパーツの一枚を赤のコードバン素材に変更しています。
素材だけではなくカラーチェンジをすることで、印象も随分変わってきます。

実は外装部もコードバンのレッドなのです。
外装色の赤と、このカードスペースの目のように見えている赤との同素材同色仕様。
a0155648_01393530.jpg
このウォレットに使用したコードバン素材の画像です。
撮影が下手なせいで、革の質感が上手く出ていませんので、言葉で補足しますと黒は少しマットな染料仕上げの物、赤は顔料仕上げの光沢素材です。

※フィルムケースジャケットのサンプルも写っているので気付いた方がいるかもしれませんが、この個体は4~5年以上前に作り納めた物なんです。こんな感じで約20年分のカルテ的な資料画像が溜まっていたりまします。レザーログといいながら時系列な記録ではありません。

この赤いコードバンは、以前入手しておいたデッドストック品でして、色やツヤからしますと高級ランドセルなどに使われていた古い物だと思います。かなり堅牢で美しい革ですが、もう入手出来ないのが残念なところ。
現在では、おそらくというかほぼ確実に生産をしていないタンナーさんだと思われます。
a0155648_01400094.jpg
このコードバン、革の裏側(床面)に、なんともかわいいスタンプが押してありました。
今では見られないディテールですね。登録商標とも書いてあります。

そうそう、このベージュ色が上で説明したのと同じ面です。
ここの質感がとても良く、スムースで、すご~く毛足の短いスエードのような手触りなのです。

コードバン独特のきめの細かい緻密さ。
裏地革を張りつける補強施工も良いのですが、このきれいな面を活かした仕上げかたも、
コードバンを仕上げるうえでは一つの方法であり魅力なんだとも思います。








.

[PR]
by stovlGS | 2017-12-04 02:26 | 長財布 | Comments(0)
<< エコマイレッジチャレンジ 燃費... CRF450rally フラン... >>