カテゴリ:スマートキーケース( 8 )

HONDA S2000キーレスエントリー用レザーケース オーダー

a0155648_2156784.jpg
ホンダS2000。
2シーター・FR、トランスミッションは6速MTのみというスパルタンスポーツカー。

S2000のキーレスエントリー用にレザーケースのワンオフ製作の御依頼をいただきました。
スマートキーケースの御注文を頂くことはあっても、キーレスエントリー用を製作するのは初めてでした。

やることはスマートキーと同じで、各スイッチ類を押しやすく誤作動がないように、キー自体を衝撃や傷から守り、
かつ意匠のバランスがとれていて、長きにわたり御愛用できるように作ることです。

今回もかなり遠方のお客様です。先ずメールで送って頂いたキーレスの画像を見ながら、うまく革で覆いをすることができるのか・使いやすく美しい造形で作ることができるかを検証しまして、電話とメールで御相談。
画像判断では、出来るとほぼ確信したところで、実物を送って頂き製作にはいりました。
a0155648_2248503.jpg
※この画像、広角レンズ効果の為、ケースのほうがかなり大きく写ってますが印象としてはそれほど大きなものではありません。

このキーレスには、リアトランクの開閉スイッチも装備されているのですが、このケースにはあえて窓を開けておりません。
隣りあうスイッチどうしが近接する配置の場合、スイッチ窓を開けることでレザーケース自体の剛性が低くなることもありますし、意匠のバランスが上手くいかないことも。今回は二つ開けないほうが使用案件に適した物ができると判断したからです。

リアトランクのスイッチは使用頻度が少ないとのことですし、窓無しの仕様を提案させてもらい、その方向でGOサインをいただきました。
そうはいいましても、そこに存在する機能を無駄にしたくはありませんからねぇ。
じつは隠れギミックとして、窓がなくともスイッチ上部を押せば作動するように、革のあたりをセッティングしてあります。(本製作まえに、予め同製品の試作サンプルを作り諸々検証のあとに、仕様の御提案をしています)
外観からはわからないオーナー御本人だけが知る秘密のスイッチ、こんなところも特注品ならではでしょ。

a0155648_232161.jpg
もとよりケースを作ることを前程にした形状ではない物に革で造作して着せるものですから、つつまれるもの自体に負担が及ばず美しい形状に仕上げるられるかが毎回の課題です。

それと最も気を付けているのは、他所様の製品に類似しないように。
私、真似が嫌いで真似られるのも好みません。
あえて奇をてらうことはしませんが、作りにくい構造でもケースとして機能でき堅牢性が保てるのならば効率は重視しません。
長く使って頂きたいですしね。注文製作や一品製作の意味はその辺にもあるのではないかと思います。

最近のこしらえ物の中では最も小型な部類で作りもシンプルですが、それなりに考えてる時間も掛かってます。簡潔なものに見えるときほど「あーだ。こーだ。」してること多いですね。
シンプルな物ほど素材が影響してきますので、良質部位が絶対条件です。
今回はキメ細かく硬度があるが、まるみ造形と表面の質感がほしかったので、大腿部の良質部位を選定して製作しました。

a0155648_23154444.jpg
この部位は立体化するときに伸びの方向性が読みづらいのですが、うまく安定化も出来よいエイジングが期待できると思います。
ワンポイントにホースハイドの革紐を付けていますが、輪に結んでもいいですしね。ちょっとかけておくにも便利。

このケース、しっかりと立体造形してあるんで緩みはゼロです。ガタなどありませんし、裾部分を少しまわりこませて立体化していますから不用意に外れてしまうことは絶対ありません。
ケースを取り外したいときには、レザーレースが付いている角辺りを下方向に押しだしてもらえれば、無理な抵抗もなく取り外すことも可能です。

このきつ過ぎず緩くもないフィッティングのさじ加減や、数年後を見こした形状安定化や使いやすさがストーヴル印ということ。なんちゃって。

冗談はともかく、ちゃんと作ればシッカリと答えてくれる素材選定と構造と製法が大切だと考えています。


お値段ですが、一品製作のフルオーダーハンドメイド品ですので、
格安ではないです、でも高価でもない。

どこぞの高級車純正品ほどしませんし、それ以上の作りは確実にお約束出来ます。
ただ時間もかかりますし、キーもお預かりしなければなりません。
今までトラブルは皆無ですが、お互いに少しづつリスクといいますか御面倒お掛けする製作物です。
その辺を御理解頂いて、良い物・長く使えるものが欲しい方がいらっしゃればありがたいですね。


Λ.最近作ったキー関係では最もシンプルな特注品なんですが、私自身も気に入ってます。
絶版車に誂えていただくってところもうれしいですね。

そういえばうちのお客さんには、S2000にお乗りの方が幾人もいらっしゃいます。
なんでだろ~。


いいクルマです!














.
[PR]
by stovlGS | 2016-10-02 23:00 | スマートキーケース | Comments(0)

smart key case

a0155648_18454840.jpg
ストーヴルオリジナル意匠と構造のスマートキーケース。
フルオーダーでお作りしています。

元々は自分のホンダ用に必要になり作った物だったので、表だって御注文用としてきたものとは若干感じはことなるのですが、それなりの数を作ってきました。
やはりお問い合わせの多くは以前載せたホンダの同系列の物のバリエーションについて御相談頂くことがほとんどですが、
他の自動車メーカーとくにトヨタやレクサス系の幾つかの形違いをフルオーダーで作らせていただきました。
(上の画像はレクサス用のフルオーダー品。いずれ製作記事を書きますね。)

a0155648_1934361.jpg

ボタン・スイッチ類の配置が車種やグレードの仕様によりいろいろありますので、形は同じでも使い勝手と堅牢性・意匠性を考え合わせて、気持ちよくお使い頂ける物を作りあげるのはとても難しい作業です。

上の個体はホンダ用のバリエーションの一つ。スイッチ用の窓を開けるか、革のボタンを縫い付けるか等、操作性と堅牢性を鑑みてデザインは幾通りもございます。
依頼主さんとのお話の中で一つはほとんど使わないとのことで、その位置は凹ませたシルエットと配置だけがわかるようにし、ボタンの意味を表示するマークや記号はあえて入れていません。そのユーザーさん専用品なので、こんなところもオーダーならではでしょ。



うちで作る物はざっくりとしたサイズ感ではなく、完全なフィット感を目指しますのでキツからず緩からずは大前提。操作性とスマートキーを守ること、どちらもバランスした物しか作りません。
あとカッコ悪くないこと、これは元の形状やスイッチ類に合わせるしかないのでむずかしい課題ですが、愛着を持って長期間使用するには最も大切な要素の一つです。

似たような物も巷にはあるようですが、完全に同じ構造の物はないと思われます。
簡単に量産で出来るものではありません。どこか異なっている筈です。御確認ください。

フルオーダーの場合は、先ずキー本体を画像をもとに検証させてもらって、その形に合わせた構造と意匠のバランスが取れそうと判断した時にのみ作らせていただいてます。(大体の場合、何とか作れています。デザインはキーの形にあわせる都合で個々の案件ごとに異なります)
価格はキーケースと捉えるとお安いとはいえないと思われます。それでも常識の範囲ですが、フルオーダーの場合には一つ作るのに一日では終わらないことのほうが多く、構造デザイン検証まで含めますと相当に時間もかかります。
大きなものではありませんが、最良質部位を使用しないと完全フィットした立体化と数年後までを見こした安定化は実現できません。
高級車用の場合には純正ケースが数万円することもあるようなので、それに比べればストーヴル製は数段高品質な物をお作りできますし、価格的にもかなりお得に感じられると思います。

正直いいますと作っても利益のほとんどない製作なうえに、自動車用の重要部品用ということもありいつも以上に緊張と責任を伴った製作になります。

こういうことも出来ますよという、技術的広報的な製品でもあります。
もし本当に御興味ある方がいらっしゃいましたら御相談くださいませ。
 
絶対に良い物はお作りします。














.
[PR]
by stovlGS | 2015-11-30 17:59 | スマートキーケース | Comments(0)

・・・

a0155648_12171899.jpg
今までで一番の放置状態。
更新できるまでもう少し・・。
世界で最も?手間のかかっているスマートキーケースかはわかりませんが、にぎやかしで載せ。
こんな小物や、お財布・バッグ。日々こしらえてます。

真似が嫌いなんで、みためシンプルでも構造や設計・材質諸々は一人R&D。
効率やコストに縛られたくありません。それらも大切なことですが。

もうちょっと。















.
[PR]
by stovlGS | 2014-11-17 12:17 | スマートキーケース | Comments(0)

smart key case for HONDA car

a0155648_19274583.jpg
正式ラインナップ品ではないものの、定番となりつつあるホンダ車用スマートキーケース。

黒革版も製作しています。
こちらは、ご依頼人の愛車FIT RSのシート色とお揃いのカラーオーダー。
ブラックレザー× オレンジステッチです。

stovlで使用する糸は、素材・太さ・糸の撚り数など、製作する物への適正により選定しています。
その製作適正上のなかであれば、御希望のカラーで製作可能です。

通常ストック糸以外のカラーでも、かなりの割合で御希望の色で適合する物が手配できると思います。
特注カラーステッチでの製作は、取り寄せなどで納期が若干余計に掛かることもありますが、オーダー製作可能です。

カラーオーダーの詳細に関しましては、御気軽にお問い合せください。





.
[PR]
by stovlgs | 2013-03-11 12:30 | スマートキーケース | Comments(0)

スマートキーケース ですが

a0155648_2131191.jpg
随分と前に自分用に作ったスマートキーケースについてお問い合せをいただく事があります。
それは作り手として、とてもありがたいこと。

御依頼の車種用に特注品として作ることはありますが、
今回のお話は、製品としてというより必要に迫られて端材革でこしらえた自分用のスマートキーケースと同型の物のこと。車種も限定的に現行型GE系フィットのスマートキー用。詳しくないのですが、ホンダの他の多くの車種にも適合するようです。

最近、御依頼頂いて作る機会が増えてきた事もあり、製品ラインナップに加えるか考え中。
自分のキーをもとに現物あわせで製作してきましたので、とても効率の悪い事。
作る数が増えてきますと、丁寧に扱っていてもスマートキーが傷んでくるかもしれません。
木型を作ればよいかといえば、3Dプリンターで作ったような完全に同じ物じゃないと、stovl製品の目指すフィッティングを実現できそうにありません。
なにより木型だとボタンの押し心地と節度感を微調整する事も出来ず・・・う~ん。
そうか。ダミーがあればいいんだ。携帯のダミーみたいの。 うちでも昔OEMでiPHONEのケース量産してたっけ。
でも、ドンガラのスマートキーなんてどこかにあるのだろうか?
a0155648_21411221.jpg
これに革紐通して完成となります。使い心地は良好ですぞ。

このキーケースはシンプルな2枚構成ですが、作るのにはとても手間と時間が掛かるケースなんです。
革毎に違う伸びと硬さを見極めながらの最適最良の部位選定と裁断。
キツ過ぎず緩くもない丁度良い位の完全なるフィッティングと立体化。
より良い仕上がりを求めますと、革の特性上あらかじめ開けておく事の出来ないスイッチ位置の穴と押し心地の調整等々。
勘所が他にもたくさんあります。
なので場合によっては、これ一つで製作に一日以上掛かるなんてことも、あったりなかったり。
たぶん同じ構造のキーケースが市場に存在しない事が、その証明だったりします。←ちょっと偉そう。

格安のキーケースとはなりませんが、
愛車と共に長く使えて、電子機器であるスマートキーを守れる事。
手触りと質感でも答えられる製品になれればと思っています。

Λ.どなたか壊れて使えないスマートキーお持ちの方いらっしゃいましたら、ゆずって下さ~い。








.
[PR]
by stovlGS | 2013-03-06 21:56 | スマートキーケース | Comments(2)

Lexus smart key case  その2

a0155648_330156.jpg
レクサスCT200H用キージャケット製作の続きです。

そして、いきなりの完成画像。
依頼主様に途中の製作経過画像を見ていただいたところ、ブラック×赤ステッチ版の追加オーダーの御依頼もいただきました。

今回のレクサス用では、当初予定していたデザインとディテールから幾つかの変更点がありました。
実物のキーを前に検討・作業をしないと、画像からだけでは判断出来ない部分もあります。
その都度、依頼主様と御相談了承の上進めてまいります。

施錠開錠スイッチまわりの構造とバランス的な理由と、穴まわりの革の強度が充たされている事から、補強のステッチは入れておりません。

つづきです。
[PR]
by stovlGS | 2012-07-04 04:37 | スマートキーケース | Comments(0)

lexus smart key case  その1

a0155648_3271512.jpg
レクサスCT200H用に、スマートキーケースの製作です。

通常、量産品や定番品の場合、このような立体的な造形作業は木型を使う等してカタチを作ります。
しかし、今回の製作はフルオーダーの一品物ですから、御客様よりスペアキーをお預かりしての作業。
大切なキーに木型の代わりをさせるわけにはいきませんから、各要件とカタチを確認しながら道具と手を使いカタチを出していきます。

お預かりしたスマートキーに無理なチカラや負担が掛からないよう、各作業ごとにラップや柔らかい布で包むなどホコリやキズがつかない対策をしながら、いつも以上の慎重さと緊張を伴なう作業です。

まず最初に、トップ画像の説明。
これは納品用ではなくて、構造・操作性などの検証用の仮造形品です。なので、縫いシロは無く、カッティングや穴の歪さも程々に、本製作前の粘土細工的「あ~でもない、こ~でもない。」な工程の試作サンプル。
  

つづきます。
[PR]
by stovlgs | 2012-06-26 05:24 | スマートキーケース | Comments(0)

キーケース

a0155648_1916074.jpg最近、自分用に作った物でよく使っているのが、このキーケースです。

少し前に、クルマを乗換えまして、そのクルマの鍵がスマートキーなんです。キーレスエントリーも使った事がないアナログ志向な僕としては、いきなり時代をジャンプした感じ。
このキーを身に付けていればエンジンもかけられちゃう、こんなに楽してよいのかなぁ。キーを挿すくらいは面倒じゃないけどね。これくらいの事が面倒じゃ手縫い革職人はできませぬ。←なんでスマートキーにしたの?というツッコミは無しです。

今回のキーケースはサドルレザーを使い、本体はシンプルな二枚構成で立体的に製作しました。

ドアロックの施錠と開錠のボタン両方の位置に穴を開けてしまうと革の強度も少し落ちますし、よくありそうなデザインになっても面白くないので、小さい穴で済みそうな開錠の側だけに穴を開けました。
スマートキーの場合、ドアノブを引くだけで開錠できるので、使う事が多いのは施錠ボタンです。
なので施錠ボタン上の位置に、円状の革をのせて縫いつけてみました。これが大正解!
押しやすいですし、ポケットの上からでもボタンの位置が手探りで直ぐにわかります。

キーをケースから取り出す時は、ビーズをずらして、キーを押し出すだけの簡単構造。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-01-11 02:05 | スマートキーケース | Comments(0)