カテゴリ:ファラオ HPNバッグ( 3 )

GS 30years

a0155648_210540.jpg今日は、都内へ行く用事があったので、途中東京駅八重洲南口の真横にあるBMW Group Studioによってきました。

そこではGS30周年記念展示会を開催中。
30周年記念カラーモデルと、歴代GSモデルが展示されています。

その中にstovl製テールバッグ装着のラリー仕様HPNも発見!

まぁ数ヶ月ぶりのHPNとバッグとの再会ですが、二年連続でファラオラリーに携らせてもらったので、この組み合わせには愛着がありますね。
それもフィールドや工房といった所とは正反対の八重洲というこの場所。 感慨深いです。

バッグ、かなりハードな仕様で製作したのですが、展示車は中身が入っていない事もあり若干の型崩れと色褪せがあります。もちろんホツレや破れはありません。
砂漠のレースは普通の環境とは全く違うようです。 数日で色が変わるなんて日本では見たことありません。味といえば、そうとも言えます。。
ともあれナイロン製だと1レースでボロボロだそうですが、こちらは2年続けて砂漠をお供した事で革と手縫い技法の耐久性は実証できたかな。 ライダーの田中さんからは、あと十年は使えそうとウレシイお言葉を頂きました。まぁ、実際はそんなにもつか解りませんが、まだ数回はラリーに使えそうです。

前から思っているのですが、ナチュラルな生成り色でラリー用バッグを製作したいなぁ。
風雨にさらされて、染みやキズがついてもスゴク濃い良い色に育ちますぞ!自分のツールバッグで経験済み。
a0155648_20394649.jpg
初代2バルブG/Sのパリダカモデル。
やはりバツグンです!
a0155648_20455046.jpg
そして、発売になった30周年記念カラーモデル。
色以上に、初代と現行車との造形と趣きの違い。

僕はR100GS乗りですし80年代からの2バルブGSフリークですが。
この留まらない感じ、今の技術とべストを探って開発していくところ、他社はもちろん自社先代モデルの真似もしないところ好きです。

Λ.BMWモトラッド GS30周年記念展示会、7月20日までやっています。
アクセスの良い場所なので、GSに興味のある方はおススメですよ。記念モデル4車種には跨る事もできますので、比較してみては。
そして、2バルブモデル。現在世界で唯一ラリーで戦うHPN号も必見。 HPNと日本の腕利きのディーラーメカさんとコンストラクターさんが細部まで作りこんだラリーマシン。
それとstovlの革もよろしくです。











.

[PR]
by stovlGS | 2010-07-14 21:32 | ファラオ HPNバッグ | Comments(4)

HPN GSラリーバッグの現在

a0155648_2141669.jpg
先日、大森にあるBMWバイクのディーラー、FLATさんに御邪魔してきました。

ラリースト田中さんのHPN GS号、ファラオラリーから帰還して、そのままの状態でFLATさんのショールームに展示されております。

そこで田中さんにラリーの事、GSの事、私も大好きなレフトキックの頃のKTMの事等、お話をうかがいながら、GS号を前にバッグの使用感等のインプレッションをお聞きしました。
今後のGS用をはじめ、いろいろな車種に対応した物を製作するときの方向性・耐久性・構造等に、とても参考になるデータをいただけました。



.


More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-17 22:09 | ファラオ HPNバッグ | Comments(6)

stovl HPN リアバッグ 砂漠ラリー編

a0155648_17382915.jpg
先日のダカールイベントに参加した事で、自分の中のラリー熱が再び高まってきています。この心のタイミングに08.09年ファラオラリー用にstovlワークスとして製作したラリー用レザーテールバッグの事を記しておこうと思います。

巨大な砂丘に2バルブGSで挑むラリーストの田中正一さん。

日本を代表するBMW2バルブボクサー使いであり、エアヘッド2バルブモデルのエンスージアストです。
80年代のデザートレースで無敵だったBMW GSのワークスモデルを製作していたHPN社。
HPN R100GSを駆り、エジプトで開催されるファラオラリーに挑み続けています。





.


More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-10 20:10 | ファラオ HPNバッグ | Comments(6)