カテゴリ:コインケース ( 3 )

coin case  メンテ

a0155648_1310057.jpg
コインケースが戻ってきました。 上の画像はメンテ作業終了後のものです。

あるブランド用に製作しているコインケース。これも定番になって長いですが、これは6~7年くらい前に製作した個体だと思います。
相手先仕様製作品の場合、シリアル管理をしているわけではありませんから、はっきりした製作日まではわかりませんが、その時の革のタンナー毎の特徴とか、私のその時期のクセとか製法から推測できます。

この時期の革は、かなり良かった記憶がありますが、エイジング後も良かった事が確認できました。
ユーザーさんも大切に使用して頂いたらしく状態は良いのですが、一目ほど縫い糸が擦り切れていました。

今回は、その箇所だけの補修依頼でしたが、ほつれていない箇所も全体的に麻糸が痩せていました。
もし一箇所直したとしても、近いうちに他の箇所もほつれが発生する可能性がありました。
革の状態からするとまだまだ数年、今までの使用期間を超えられる位の感じでしたので、全体の糸を全部ばらしてクリーニングも含め作り直す事を提案させてもらいましたところ、「是非、お願いします。」とのありがたい御返答。

つづきです。
[PR]
by stovlgs | 2011-09-03 13:53 | コインケース  | Comments(0)

コインケース カラー別注

a0155648_0505541.jpg
本日は、月末の急ぎ作業でした。
数日前、通常量産品を納品した日に、急ぎの追加作業の御依頼。
突貫工事で何とか数個を仕上げ、最終便の発送に間に合いました。
 
朝からの晴れが、なかったら間に合うか微妙なタイミングでした。
アイテムによってはフォーミングした後に、乾燥仕上げが必要な物もあります。

僕の場合、なるべく人口の熱や風に頼らずに、太陽と自然風のチカラをかりての製作を優先します。
それは、エコとかそういう事ではなくて、ただ気分が良いから。

何事も気持ちの良いほうを選べば、エコなんか自然とついてくるんじゃないかな。

つづきです。
[PR]
by stovlgs | 2011-05-26 01:28 | コインケース  | Comments(0)

コインケース apollo

a0155648_23322484.jpg月末納品の製作に追われて、チョッと更新が滞りがち。いかんですね。

書きたい事も結構あるのだけれど、すぐに書かないと忘れてしまったり、その時々の時代性のある日記にならないですし。 でも、このブログは日記というより記録です。logって事です。 

stovl印以外の生産が多い時期ですので、ハーフウォレットの改修作業も、もう少しのところで保留中。でも見えてきました、バリエーションもいろいろ出来そうです。
逆にどうアイテム数を絞っていくか、考えちゃいます。

型数は少なく、より深くが目指すところでしょうかね。

とりあえず今日は、かなり前に作っていた定番コインケースの画像です。
うちの場合、あまりコンチョなどの金物を多用しないのですが、この型は珍しくシルバーコンチョ付のアイテムです。

More
[PR]
by stovlgs | 2010-01-29 00:10 | コインケース  | Comments(2)