カテゴリ:フィルム ジャケット( 5 )

コダック フィルムケース

a0155648_16322762.jpg 先日のライカストラップとフィルムケースジャケットの納品が完了し、ホッとした翌朝。
 
僕宛に届いた小さな荷物。

度々、このlogにも御登場の海洋民族型?デザイナーT中さんからです。

包みを開けてみるとプチプチパッキンに丁寧に包まれた小さな円筒状の物体。
ピストン?? でも、軽いしなぁ。と開封すると、そこにはアルミらしきものでできたケースが。

手紙も同梱されておりました。
それによると、 60年代のkodak製フィルムケース! だそうです。

僕の製作しているフィルムジャケットを見て、これはstovlサトーにと思って頂いたようで、送ってくださいました。

「ありがとうございま~す!!」

なんとナンとウレシイ頂き物でしょうか!

ここ数日は納品に向けて、頭の中もフィルムケースとストラップとカメラの事が仮眠中にも夢に出てくるような感じでしたので、製作が終わって心落ち着かせていたこのタイミングで、ご褒美を戴いたような気分。

つ~づき!
[PR]
by stovlGS | 2010-09-14 17:55 | フィルム ジャケット | Comments(0)

フィルムケースジャケットとライカストラップ 納品

a0155648_19144524.jpg
 三つ並んだフィルムケースジャケット。
右からサンプルの1st2nd。そして今回納品した完成版の3rdモデルです。

3rd完成版の構造は2ndサンプルから踏襲。
カブセ部のシルエット修正。フィルムの出し入れのし易さ優先にほんの少しの大型化。重心の再考と取り付け金具の小型化等々。全体に細かく手が入っています。

つづきです!
[PR]
by stovlGS | 2010-09-11 22:49 | フィルム ジャケット | Comments(5)

フィルムケースと ライカストラップ 試作。

a0155648_2217548.jpg

先日、引っぱりぎみに告知しておりました、フィルムケースジャケット2ndサンプルの背面ディテールと、カメラストラップです。

まだ両方共、試作サンプル品ですが、実際に使用する連結状態でフィッティング。

構造検証用という事もあり、完成盤とは異なる箇所もありますが、だいたいの感じは見えてきました。
画像のベルトは贅沢にベンズを使用しています。厚みが4.5mmもありますので、少し細めに作りました。製品では3mm程度にすいてベルト巾をもう少し広めにする予定。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-07-04 23:03 | フィルム ジャケット | Comments(2)

フィルムケースジャケット 2ndサンプル

a0155648_16201532.jpg1stサンプルから少し間があいてしまいましたが、2ndの試作も進行しておりました。

なかなかlogのほうにアップするタイミングがとれませんでしたが、本日は次のサンプルor完成を目指して写真を撮りながらディテールと使用感のチェック。

前回の1stでは形以前にドイツホックを使用したときにフィルムケースジャケットは成立するのか?といった事への構造検証も兼ねて、正確なパターンを作らずに現物合わせの粘土細工的サンプル製作でした。

そして2ndでは、1stで確認できた課題を踏まえて、もう少しデザインというか、もう少し良いカタチはないの?といった事へのアプローチです。

カメラストラップに連結し使用する事による首や肩への負担を考慮し、なるべく軽く仕上げる事と、重心位置を再検討。 それらの課題からパーツや切り替えの多用はやめ、前回のボックス型からよりフィルムケースの形に近い円柱状の形に。

完全な円柱にすると吊るした時にコロコロと落ち着きの無い装着感になります。
出来るだけ型崩れをさせない為と背面側の落ち着きを出す為に、カブセから底面までつながる背面パーツに、ボディとなるパーツをカマボコ状に縫い付けるモノコック構造のデザインに。
正面からみると上に向かうにつれて、ほんの少しだけ開いている長めのカップのような形状です。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-06-08 23:23 | フィルム ジャケット | Comments(2)

フィルムケースジャケット 1stサンプル

a0155648_20415625.jpg仕事ではデジタルカメラを多用しておりますが、今現在も銀塩フィルムカメラを愛用しています。

最近は、オーダー戴いたフィルムケースとカメラストラップの開発もしています。
この世界、自分も大好きですし、少しはわかっているつもりなので、物は小さいですが使いやすくて、機能からくる良いカタチはないだろうか?と探求中。

最初に御提案させてもらい決定した事。
フィルムは紛失が許されない大切な物です、撮影済みであれば尚の事。そういう事からも不用意に外れてしまう可能性のあるスナップ等の金物は使わないという事でした。

そこで浮上してきたのが通称ドイツホックと呼ばれる固定金具です。昔はポルシェ等の幌の固定に使われていたようです。
ツマミを引いてロックを解除するワンハンド2アクションなので安心感は抜群!それに節度感も素晴らしい!これなら意図せずに開いてしまう事はないでしょう。でも入手しにくい事と、金具としては高価という難点はありますが。 

先ずデザインというより使い勝手重視の構造確認用の1stサンプル製作です。
パターンにとらわれず現物合わせでカタチにしていきます(粘土細工的な感じ)。 ドイツホック、質感は最高なのですが、それと引き換えに少し重さもあります。今回の課題は重心でした。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-04-25 21:53 | フィルム ジャケット | Comments(4)