<   2010年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Leather と piston RE?

a0155648_22165038.jpg
現在、我が机上は突貫工事中~。

毎月恒例、月末の納品に合わせて、日々製作に追われています。

3月は、31日まであるのでスケジュール的には、とても助かりますね。
日数の短い月よりも、3日も多く製作に充てられます。
でも、この3日という長さを製作に費やすモチベーションと、体調の持っていき方がむずかしい時もあります。
結構、この仕事。肉体労働的なところも多いので、大きな納品が済んだ途端に、体が、特に指先とか腕が動かなくなったり。
でも、その疲労感が気持ち良くもあるのです。

あと3日間、楽しみつつもバリッと製作です!!

ここ数日FMを聞いていると桜が咲き始めた話題ばかりでした。もちろん桜はキレイで良いものです。
それと春といえば、河川敷一面に咲き乱れる菜の花! こちらも好きですねぇ。

今日みたいに晴れの日が続けば、そろそろ一面まっ黄色になってくる事でしょう。

黄色いダートロードをファンライドする事を楽しみに、日々製作のstovlサトーなのでした。


Λ. 昨日の納品分のなかにあった取引先ブランド用のコインケース。
梱包時に何となく並べてみたら、真ん中にロータリーのオムスビの形を発見! 
それならばと近くにあったスペアのレシプロ2スト用ピストンと記念撮影。
[PR]
by stovlGS | 2010-03-27 22:59 | Comments(0)

日曜日 ヴィンテージモトクロス JT

a0155648_22235828.jpg
強風と黄砂の中、いってきました。
僕にとっては割と近所のモトクロスビレッジにて、ヴィンテージモトクロスです。僕は出走しませんでしたが、50~80年代までの古いバイク達がたくさんエントリーしています。、バイクウォッチングがてら観戦です。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-22 23:57 | モーターサイクル | Comments(2)

HPN GSラリーバッグの現在

a0155648_2141669.jpg
先日、大森にあるBMWバイクのディーラー、FLATさんに御邪魔してきました。

ラリースト田中さんのHPN GS号、ファラオラリーから帰還して、そのままの状態でFLATさんのショールームに展示されております。

そこで田中さんにラリーの事、GSの事、私も大好きなレフトキックの頃のKTMの事等、お話をうかがいながら、GS号を前にバッグの使用感等のインプレッションをお聞きしました。
今後のGS用をはじめ、いろいろな車種に対応した物を製作するときの方向性・耐久性・構造等に、とても参考になるデータをいただけました。



.


More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-17 22:09 | ファラオ HPNバッグ | Comments(6)

ライトスタッフ

a0155648_18263284.jpg先日、近所の古着屋さんに行った時、手に入れてしまいました。

じつは7.8年前から存在を知っていたのですが、その時は買わずじまいで、ずっと心の何処かに引っ掛かっていました。
ちょこっと寄った古着屋さんの棚の上の方に埃をかぶった緑色の大きな箱が。 思わず、おっ!。  箱に「MISSION SPRASHDOWN」と書いてあります。 出会いです。10年位は売れずに僕を待っていたんだな、と自分に言い聞かせて、即、救出しました。

そうです1950~60年代に行われたマーキュリー計画。全米のエースパイロットの中から選ばれた7人。 「ライトスタッフ」。 
映画にもなっていて、昔から僕も大好きな初期のジェットエイジから宇宙開発への物語。その中にも出てくるスコット・カーペンターとかジョン・グレンが搭乗したマーキュリーカプセルが弾道飛行や軌道周回飛行から大西洋に着水帰還するまでをモチーフにしたGI.joeのセットです。1960年代にハズブロ社から発売されて、97年辺りに再生産された物のようです。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-13 18:53 | Comments(0)

stovl HPN リアバッグ 砂漠ラリー編

a0155648_17382915.jpg
先日のダカールイベントに参加した事で、自分の中のラリー熱が再び高まってきています。この心のタイミングに08.09年ファラオラリー用にstovlワークスとして製作したラリー用レザーテールバッグの事を記しておこうと思います。

巨大な砂丘に2バルブGSで挑むラリーストの田中正一さん。

日本を代表するBMW2バルブボクサー使いであり、エアヘッド2バルブモデルのエンスージアストです。
80年代のデザートレースで無敵だったBMW GSのワークスモデルを製作していたHPN社。
HPN R100GSを駆り、エジプトで開催されるファラオラリーに挑み続けています。





.


More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-10 20:10 | ファラオ HPNバッグ | Comments(6)

いい日でした

7日の日曜日は、充実した一日でした。
a0155648_6352361.jpgダカールラリー2010 参戦報告会に行ってきました。先月に続いて二ヶ月連続のビッグサイトです。
いつもビッグサイトというとホールでの大きな展示会というイメージでしたが、昨日は会議室。
遠くからでも良く見えるピラミッドを逆さにして4本の柱で支えられたような形の、あの建物の中です。

日野チームスガワラの方達がいらして、今大会の映像を見ながらウラ話も交えたレース報告と、後半は菅原義正さんが83年の第5回大会にXL400で出場された時のお話。
特に印象に残ったのは、景気とモータースポーツのありかたと、モータースポーツの海外との文化的な捉え方の違いのお話でした。 
忙しさを理由にバイク遊びを少し縮小気味にしていた自分、よし、今年は乗るぞ!と思うことができましたね。結局は乗れない日々も、頭の中はバイクの事ばかりでしたから。

80年代パリダカファンの私にとっては、とても興味深い話を聞け、楽しめた報告会でした。

しかし、残念なのは今年の大会には、日本からバイクの出場者がいなかった事でしょうかね。

Λ. ラリーに出場される方がいらっしゃれば、stovlとして革製バッグ等の装備品で協力しま~す。ご一報ください!

More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-09 07:18 | Comments(0)

ハーフウォレット再考  インナーパーツ試作

a0155648_21364735.jpg魔?の月末を乗越えて、久しぶりの更新です。

進めているハーフモデルのサンプル製作の続き、インナーパーツの組上げです。
今回のベーシックモデルリニューアルで変わった寸法と機能面のチェック、それと使い勝手のバランス検証。ファーストサンプルとしてはまあまあの出来でしょうかね。もちろん細かな修正はありますが。

スナップ留めと、差込み留めのフラップとでは、作る上で気を付けなければならないポイントがちがってきます。
簡単に開かないようにしっかりと固定できるのは大前提(stovlの場合はカチッとした節度感も大切にしています)ですが、差込みフラップの製作において特に気をつけているのは形です。ここでいう形というのは、デザインというよりも革が傷みづらくなる形のことです。
コインスペース使用時に持ち出し部を引き出すか、差込みの先端部を押し出して開閉してもらえるのならば良いのですが、フラップの側断面を力点を考えずに手荒く扱われてしまうと厚い革といえども捩じれや歪み皺等の革へ小さなダメージを受ける事があります。
それらの事から、差込み部から両斜め上に向けてのフラップ形状の角度を少し強めにして、側断面を押し出しても革に負担が掛かりにくいデザインにしています。
制約の中で少しでも良いラインを見つけるというのが大切なんですね。まだまだ追求は続きます。 

stovlとして製作する時は、自分のデザインしたOEM品に似ないようにするのが一番大変だったりしますぅ。。製作者が一緒ですから。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-03-03 23:59 | 二つ折り財布 | Comments(0)