<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

納品と 石垣と 一生モノへの考察

a0155648_22241733.jpg
昨日は、納品で都内へ。
祝日という事で商談予定もなく、取引先の直営店に納めるだけです。なので今回は家族同伴で都心へ散歩がてらドライブ。
いつもは時間に追われて都内を廻っているだけなので、たまにはゆっくりと散策も良いなぁと思っていたところ、うちの相方が紀尾井町のギャラリーに行く予定があるというので、じゃあ一緒にという事に。

やぁ~、道がすいていました。スイスイです。ゴールデンウイーク中の都内は楽チンです。タクシーも少なくて深夜よりもガラガラでした。

浅草方面で納品を済ました後、北の丸公園へ。そこに駐車して公園内を散歩。そして紀尾井町まで、千鳥ヶ淵から半蔵門を越えて赤坂方面まで散歩移動です。
途中、北桔橋門から皇居東御苑に入り江戸城天守閣跡を見学してきました。

More
[PR]
by stovlgs | 2010-04-30 22:46 | Comments(2)

フィルムケースジャケット 1stサンプル

a0155648_20415625.jpg仕事ではデジタルカメラを多用しておりますが、今現在も銀塩フィルムカメラを愛用しています。

最近は、オーダー戴いたフィルムケースとカメラストラップの開発もしています。
この世界、自分も大好きですし、少しはわかっているつもりなので、物は小さいですが使いやすくて、機能からくる良いカタチはないだろうか?と探求中。

最初に御提案させてもらい決定した事。
フィルムは紛失が許されない大切な物です、撮影済みであれば尚の事。そういう事からも不用意に外れてしまう可能性のあるスナップ等の金物は使わないという事でした。

そこで浮上してきたのが通称ドイツホックと呼ばれる固定金具です。昔はポルシェ等の幌の固定に使われていたようです。
ツマミを引いてロックを解除するワンハンド2アクションなので安心感は抜群!それに節度感も素晴らしい!これなら意図せずに開いてしまう事はないでしょう。でも入手しにくい事と、金具としては高価という難点はありますが。 

先ずデザインというより使い勝手重視の構造確認用の1stサンプル製作です。
パターンにとらわれず現物合わせでカタチにしていきます(粘土細工的な感じ)。 ドイツホック、質感は最高なのですが、それと引き換えに少し重さもあります。今回の課題は重心でした。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-04-25 21:53 | フィルム ジャケット | Comments(4)

sunglass holder

a0155648_20443714.jpg
こんなの作ってみました。サングラスホルダーです。
サングラスや眼鏡をちょっと外したい時に、掛けておく事ができます。
眼鏡ケースにしまう程ではないけれどって時、けっこうありますよね。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-04-21 22:18 | サングラスホルダー | Comments(2)

first stovl

a0155648_16595497.jpg自分からプロクラフトマンと名乗るには気恥ずかしいような頃、初めて製作したオリジナルです。

このバッグによって、いろいろな出会いがありました。僕にとっては本当のプロになるきっかけをつくってくれた大切なファーストモデルです。

このバッグを作った事で、デザインや素材におけるstovl的な指針が自分の中で、出来ていったのかもしれません。

もう15年近くも前に作った稚拙な出来の物を見せするのは恥ずべき事かもしれませんが、あえて現在製作の物ではなくて、当時のオリジナルその物です。

僕と供ににいろいろな場所に赴き、バイクや自転車の時には風雨にさらされてきました。なのでかなりヤレ感も出ています。
腰に下げる時に使う革ヒモは、長さや太さのシュミレーションにより数回取替えながら、バッグ本体はたいしたメンテナンスもせずに使ってきました。
革自体にも傷や汚れがありますが、自分には大切な道具になっています。
これからも、供に駆けていこうと思います。


シンプルな構造ですが、サイドにはDカンを装備していますので、腰に下げても、ベルトを付けてショルダーとしても使用可能です。

このバッグの一番のポイントは、フラップの開閉ロックを兼ねたマグライト ソリテール用のホルダーです!
小型フラッシュライトを携帯する事はバイク乗りやサイクリストにとって、とても大切な事だと思います。古いバイクに乗る自分も数回、この小さな灯りに助けられた経験をしています。


注. 現在の製品は、写真の物より、もっと上手になっておりますので、ご安心ください!(笑)





.
[PR]
by stovlGS | 2010-04-19 19:20 | mag-lite バッグ | Comments(2)

テトラ

a0155648_20282889.jpgゴールデンウイークが近い影響か、どの取引先も早めの納品が御希望のようです。今週辺りから本格的に忙しくなってきました。

普段の量産もやりながら特注品や新規のサンプルオーダー等で、私の頭の中と机上は既にエライ事になっております。
月初に、体調を崩した事といつもの年より桜を堪能しすぎた事のシワ寄せが来ておりますな。

最近は載せたい事も少なからずありましたが、本日も写真をちゃんと撮っている時間が無かったので、古~い作品。
う~ん違うな作品じゃないですね。なんというか構造とデザインの検証用の習作ともいえないサンプルです。

以前は結構やっておりました、カタチって何?みたいの。

テトラパック、給食の牛乳の入ってたあれです。シンプルだけれど、あの面構成とパターンが面白いんですよ。でも、革で作る場合は、中に物を入れる事を用途とするには問題が。開きと留めを付けるのが難しいのです。この時はマグネットを付けて解決していますが。
時計好きな自分としては、強力なマグネットは身に付けた時計やカメラが磁化して壊れそうなのでボツ。
ちなみにこれ、キーケースです。首から下げられて中の小さなフックにキーを付けて収納できるようになっていました。

サンプルともいえないサンプルなので、ダメダメな革端材を使って荒い針目で縫っていますが、10年の月日がエイジングを促進したようで濃い~色に染まっていて、色だけは悪くないですな。

このタンナーさんの革は良かったんですよ、でも今はナチュラルタンニンのヌメ革はやっていません。効率が悪いですからね、良い革を作るのって。 残念です。

良いモノが作れるのなら、効率の良くない事でも踏み止まっていようと思っているstovlサトーでした。 できるのかぁ。。
[PR]
by stovlGS | 2010-04-15 21:14 | Comments(0)

シースの ヨコガオ

a0155648_19432626.jpg
シースのオーナーである神崎さん。執筆、取材の忙しい合間をぬってお越しくださいました。
猟での使い心地の報告と、今回の共同制作の反省会という感じのミーティングですね。

実際に猟場で使われたシースと数ヶ月ぶりに再会。
もちろん何処も傷んでいる箇所はありませんが、少し日焼けをして色が濃くなっていて、少したくましさが少し増したように見えます。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-04-10 21:16 | ナイフシース | Comments(4)

ヘキトマス 

a0155648_2120747.jpg仕事柄と、モーターサイクルが趣味という関係で、メジャーとノギスを携行している事が多いです。
革に使うリングやDカン等金具のサイズや皮革の用尺を測ったりするのに必要なんですね。

最近、ここ数年使用していたメジャーの調子が悪くなってきていたところ。
うちの相方が買ってきてくれました。

ヘキトマス社の巻取りメジャー!です。

いつかは買おうと思っていたのですが。予期せずプレゼントされたので結構うれしいです。

いつかは、って言うほど高価な物じゃない事もあって、ず~っと買い逃していました。ワンコインくらいの物です。

使い心地はやっぱ良いです。 すご~く小さな幸せですなぁ。

 
Λ. ヘキトマスさん、19世紀からあるドイツの専門メーカーらしいです。
ひとつの事を続ける事も大切なんですねぇ。私も、そういうの好きです、これからの時代には合わないやり方かもしれませんけど。

これで私もロンドン、セヴィル・ロウストリートのテーラー気分です。 
まっ、測るのはバイクのパーツだったりもするのですが。。

 
[PR]
by stovlGS | 2010-04-07 22:11 | Comments(0)

サクラ ソウ

a0155648_1722475.jpgいやいや参りました。前回のlogで体調管理について書いたばかりなのに、月末は失敗してしまいました。
あと二日というところで、頭痛と喉痛と倦怠感で体がスムーズに動きません。最後の数日は終わる範囲の製作物(といってもかなり多め)に着手。こんな時は、いつも以上に完成度が高くなるように気合を入れて製作!
31日の夕刻、年度末の超混雑の都心方面へ。なんとか納品完了しました。

考えてみると、私の体調の底は、3月末にあるようです。数年に一度、扁桃腺からくるheavyな風邪症状でフリーズ状態になるみたいです。
40にして、やっと自分の事が少し解ってきました。←遅いって!
でも今回は発熱も無く、納品後の爆睡11時間と早めの投薬が効いたようです。
もう完全復帰しました。

柄にもなく、花を載せてみました。
でも、今満開の桜ではなく、うちの庭に咲いたサクラソウ。 ハハ..天の邪鬼なもんで。
プランターの中の陽当たりの良い元気いっぱいの花達ではなくて、去年の種がこぼれて育ったような日陰に咲くサクラソウ。
日向に咲くサクラソウ達も撮ったのですが、日陰の花びらのほうが、なんか光ってるのですよ色が。淡い滲みがある感じが気になって。 なので地味なこっちの写真です。

More
[PR]
by stovlGS | 2010-04-03 18:18 | Comments(4)