<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

the wind blew.

a0155648_18353819.jpg
先ほど、とりあえずの仕事納め。

今年は年初から柄にもなくlogを書きはじめました。 
今まで製作の多くを裏方として続けてきたstovlサトーにとっては、いろいろと考えるところのある年でした。

元々が不精なものですから、たくさんの至らない点ばかりが目立ってしまい、「籠らずに、もっともっと動け!」 と自分にパンチ。
自分で選択をし、多くの時間と手間の必要な事柄を生業にしているのだから、
笑いながら、努めて創作も遊びも何もかも、更に更に真剣に取り組まねばと再確認です。

続きです。
[PR]
by stovlGS | 2010-12-31 18:53 | Comments(0)

R100GS 純正バッグ修理 そして完成。

a0155648_16524882.jpg
前回からの続きです。そして、先ず完成画像です。
今回の修理は実物を前にしてから解った事も含めて、幾つかの課題となるポイントがありました。

御依頼されているカブセの裂けの修理。
カブセを固定しているリベット留めをやめ、縫製に変更。
傷みやすいベルトの固定もリベット留めをやめ、ループを製作して通す方式に。
傷んだベルトの新造。

この純正バッグは、ベルトとカブセとバッグ本体とが共にリベットでカシメ固定されています。
そのカシメの位置が非常に良くなくて、リベットが車体のアシストグリップなフレームにちょうど当たってしまうのです(個体差もあるようですが)。
なのでフレームにもキズが付きますし、その位置が原因でバッグ自体がフレームに押されて変形させられる力が常にかかっている状態になっています。
ベルトにも負担が掛かっているようで、角にくる部分は革がささくれだち傷んできています。ベルトの真ん中にリベットの大きな穴をあけているのですから強度的にも良い訳がありません。

つづきます。
[PR]
by stovlGS | 2010-12-17 20:17 | BMW純正バッグ修理 | Comments(2)

R100GS 純正バッグ修理 その2

a0155648_1525121.jpg
R100GSオーナーN様より承ったBMW純正バッグの修理の続きです。
上の画像はカブセの裂けた部分の補修後に裏側から見た様子。

解体前の状態確認の時から、少し難航が予想できた部分。
それはカブセの折れ曲がる可動箇所の裂けの補修ですが、まず左右の状態をご覧下さい。

つづきです!
[PR]
by stovlGS | 2010-12-12 17:57 | BMW純正バッグ修理 | Comments(0)