<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

sora ni ...

a0155648_137318.jpg
地平、水平。

たまには、少し寂しいくらいが好きだったりします。

いつか宇宙開発にも携われるように、がんばってみようか。。(笑)
でも、レザー物は用無しかもしれませんねぇ。

More
[PR]
by stovlgs | 2011-02-26 02:48 | Comments(6)

FLY! BIG

a0155648_14172129.jpg
日曜日は、川越のオフロードヴィレッジにて 「FLY!BIG」 開催。
このオフロードヴィレッジというモトクロス場、全日本の大会でも使われているコースです。

午前中に急ぎの仕事を済ませて、お昼頃からちょっと御邪魔してきました。 

a0155648_1418774.jpg残念な事に私のR100GSは、相変わらずのレストア復帰待ち状態ですので、いつものお散歩用小排気量マシンで会場に。

この「FLY!BIG」 というイベント。 排気量451cc以上のバイクを対象とした催しです。

走っているバイクはというと、出展もしているKTM. HUSQVANA. HUSABERG. 等のエンデューロマシンとBMW、国産メーカー各社。

その中でも、やはり多いのはBMWとKTMですかね。
とくにBMWは、シングル・パラ2・ボクサーと新旧多くのGSシリーズが走っていました。
KTMもシングル・ツインともに多かったですね。

私見では国産バイクメーカーのマシンが少なめに感じました。やはり外車比率が少し高い印象。

現在は、日本メーカーのラインナップの中にビッグオフロードバイクが少ないですから、選びようがないという事でしょうか。
この辺に、ヨーロッパとのバイク文化の違いがあるのかな。

←最強のボクサーエンデューロHP2がこんなにいます。

つづきです。
[PR]
by stovlgs | 2011-02-23 15:55 | モーターサイクル | Comments(0)

新型ウォレット プレーンホールド order

a0155648_22112816.jpg
以前からお知らせしておりました、新型の一つです。

差込みホールドベルト付きロングウォレット。
試作とフィールドテストを経て、完成。  
 
※ 写真の個体は納品済みのセミオーダー仕様です。 ステッチや革の種類が通常版とは異なります。

今回のウォレットは、シンプルなホールドベルト付きの形です。
使い勝手はstovl製ロングウォレットのノーマルやDXを踏襲しています。
デザイン上のポイントは、よりシンプルを目指し、ベルトループの本体への固定箇所を、表には見せないようにしたところ。

写真が無いので少し解説。
ウォレット本体表面に、小さな短冊状の革パーツを縫い付けた後、そこへ革を通すようにしてベルトループを形成します。
それぞれ個体ごとの革のクセや、差込むベルトの硬度と受け側のループとの摩擦を計算に入れながら微調整を繰り返し、ちょうど良い使用感に仕上げていきます。

◎ stovl製品の特徴でもある 「キツ過ぎず、緩すぎず」 のちょうど良い使用感を体感して頂けます。

この構造にする事で、直接本体にベルトループを縫製する方法に比べて、ループが傷んだ時にも部分だけの新造や交換が容易となる事で、補修性が更に良くなっています。
このループだけを色違いにしたり。別の種類の革に等。 後からカスタムする事も可能です。

そして何よりスッキリとした印象に。 
けっこう、有りそうで無いデザインと思います。

つづきです!
[PR]
by stovlgs | 2011-02-19 23:13 | 長財布 | Comments(0)

一日遅れですが

a0155648_2113349.jpg

今日の本題はウォレット。
このlogには、取引先仕様品やOEM品は殆ど載せないのですが、今回はさしつかえのない程度に。
自分で製作しておきながら何ですが、僕からすると少し照れくさいモチーフなので。。。トップ画像は関係のない写真載せています。  
このウォレットはstovlとしての販売品ではありません。でも、モノは良いですよ(笑)。

あるレザーブランドからの依頼品です。
デザイン案を頂いて、相談しながら機能的デザイン的調整をしつつウォレットに落とし込みました。
一応メンズ用ですが、女性の方にも良いかとおもいます。

つづきです。
[PR]
by stovlgs | 2011-02-15 21:52 | Comments(2)

Blue of failure


a0155648_229497.jpg
失敗の青。 露出がオカシイです。 まっ、いいかぁ。

つづき。
[PR]
by stovlGS | 2011-02-13 22:35 | Comments(2)

ハーフウオレットと はやぶさと 

a0155648_0445930.jpg以前、製作したハーフウオレットが机上に帰還。

近くにお越しになられたというユーザーTさん、FIAT バルケッタで御来房。

内側のスペースを改変して、通常版ハーフウオレットでは付かないウオレットロープを取り付け可能にしたセミオーダー品です。

たぶん8年位は前の製作品ですから、
「はやぶさ」 と同じくらいぶりの帰還です。バイクじゃなくて小惑星探査機のほうね。


現在の自分からみると、今のモノとは何処か違う雰囲気もあり、くすぐったくも感じるのですが、やはり戻ってくると嬉しいものです。

しかし、今回の帰還も修理とは違いますよ~。 「もちろん壊れていません!」
濃いブラウンに変化していますが、元々は生成りのナチュラルカラーでした。
何年間も365日稼動状態ですから、年月成りのキズやシワも多く、糸も擦り減っている箇所もあります。
自分は新品の時しか見られませんから、その後の表情の変化を確認できる事は、とても嬉しいですし参考になります。

世間で経年変化や使用上仕方のないと言われている損耗も、設計・製法・素材で出来るかぎり最小限に抑えられるように研究しています。  
こうして戻ってきた時に開発時に考えていた部分の検証が結果として見られるんです!

今回はその場で、擦り減った糸を補強したりと、ちょっとだけメンテナンスして完了。
Tさん、ありがとうございます。

Λ. 壊れている訳ではないので、次回お時間のある時に御預かりして、しっかりとメンテナンスをしましょうという事になり、また机上を旅立っていきました。

うん、これで 帰還したままの「はやぶさ」 を稼動時間で越えました、良~し。





.
[PR]
by stovlgs | 2011-02-10 01:38 | 二つ折り財布 | Comments(4)

有明

a0155648_21231478.jpg

先週末、有明方面で大きな展示会でした。
革とか付属金具諸々や新しい素材探し、それと他業種や会場の空気を感じに行ってまいりました。

少し予想はしておりましたが、革素材に関しては気に入った物は無かったです。残念。
う~ん、次期バッグ用レザー、課題です~。

しかし、予期せぬところで、いろんな発見がありました。
自分次第ですが新展開があるかもしれないなぁ、とチョッと期待しております。
今までやってこなかったレザーアイテム諸々を製作できるかもしれません。

そして帰路、空気の澄んだ高台から東京湾を眺めていてコンクリートな護岸しかない海に、砂浜を思い出す。

More
[PR]
by stovlgs | 2011-02-09 21:34 | Comments(0)