<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

side stand

a0155648_22326100.jpg
うちの納品買出し・ダートお遊び兼用マシンのCRM50号。
R100GS休眠中ゆえ活躍してくれてますが、ちょっとしたトラブル。

出先から戻り駐車したところ、 
バイクの傾きがいつもと違う、と思った時には既に倒れそうな角度です。
「またか。」  

つづきます。
[PR]
by stovlgs | 2011-07-30 22:39 | モーターサイクル | Comments(2)

white → black stich 

a0155648_18123497.jpg
oem生産品で、うちの定番品でもある、ショートなロングウォレットです。
帰ってきました。

うちの中では最もシンプルで長く作っていて、改良しながら継続生産しているモデルの一つ。

ここ数日間は、同じ型の黒とナチュラル色の量産製作もしていました。
もちろん、作る毎に少しづつ深化しております。ネガ消しの作り手側からのトライ、つづけています。

しかしながら、今回のメンテは修理箇所もありまして、
数年間のご使用品とはいえ、ご迷惑をお掛けしております。

つづき
[PR]
by stovlgs | 2011-07-18 18:45 | 長財布 | Comments(2)

jade

a0155648_15272752.jpg
もう六月の事になりますが、日本海側へ行ってきました。
富山の朝日町にあるヒスイ海岸。

たしか91年あたりだと思いますが、長野から岐阜を通り富山~能登半島をまわる旅をした事があります。
あの時はホンダの250でソロツーリング。 何処へとも決めずの全行程5日間の旅でした。
旅先でのいろいろな事柄は、今思い出しても良かったことばかりです。

その中で印象に残っている場所の一つが、この「ヒスイ海岸」。

今回は一人ではなくて、めずらしく家族も一緒。
事あるごとに、ボクがヒスイ海岸の事を話すので家族まで興味をもったみたいで、じゃあクルマで行こうという事に。

20年ぶりに見るその海は、記憶の中のとおりで、美しさはまったく変わっていません。

運が良ければですが、この海岸の石の中からヒスイを見つけ出す事ができます。
ヒスイらしき?破片とヒスイの一種のネフライトを見つける事ができました。
最近は、そのネフライトを革のコバ磨きに使っています。
これが、とっても具合が良いのだぁ。



.


More
[PR]
by stovlgs | 2011-07-13 16:30 | Comments(2)

ピッケルカバー restore

a0155648_2348155.jpg
ここ数日間は、再度南三陸を訪れていました。
在房時は製作で手一杯でして、更新も滞りがち。 今月はlogの方も、もう少し頑張ろうと思います。

クライマーさんからのオーダーが続きますが、
前回の方とは別のベテランクライマーI様より、革製品の修理の問い合わせを頂きました。
基本的には、stovlはレザーメーカーとして活動していますから、他社様製品の修理等は工法の違いや、お待ちいただく時間の都合(普段使用しない資材の調達等でお時間が掛かる)等で、大変申し訳ないことですが御説明の上お引き受け出来ない事もございます。
今回の御依頼は諸々の要件も合い、
Iさんの想いに対し、これはまさに私のお仕事と感じ、お引き受けしました。

登山で使用するピッケルのレザーカバーの修理。
このピッケルですが、フランス・シャモニーにあるシモン社の製品です。
stovlサトー、ピッケルを使うような本格登山はできませんが、
憧れていたウッドストックの製品。

Iさんが40年近く御愛用してきた大切なピッケルです。

つづきです。
[PR]
by stovlgs | 2011-07-10 02:40 | オーダー | Comments(0)

岩魚小刀 シース order

a0155648_53321.jpg
沢登りや登山をされていてるベテランクライマーS様よりオーダーのシース製作です。
現地で釣った岩魚を裁く時に使用する御愛用の岩魚小刀。

江戸鍛冶の名工であった故二代目左久作氏に、十数年前にオーダーした注文製作品。
古来のタタラ製鉄法でつくられ、材料となった和鉄は300年前の物を使い製作されています。
この和鉄はサビに強く、渓流つり等の用途に向いている材との事。

つづきます。
[PR]
by stovlgs | 2011-07-01 12:41 | ナイフシース | Comments(2)