<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

name-card case

a0155648_120444.jpg
昨年納めたオーダー製作の名刺入れ。
logには載せていませんが、うちにも定番やスポットで製作した名刺入れが幾型か存在します。
今回の御依頼は、それら既存の名刺入れではなく、フルオーダーでの御注文。
御自分の名刺と戴いた名刺を入れるスペースが分けられるようにとの御希望です。
両スペース共に少し多めの収納が必要な為に、完成時には其れなりの厚さになる事を了承頂き製作に入りました。
構造とデザインは、お任せのフルオーダーです。

全てお任せのフルオーダーは、いつも以上に緊張し時間も掛かる作業です。
御希望の仕様を充たしながら喜んで頂けるものを作る。毎回むずかしい課題ですが、作り手としてとても幸せなこと。
でも、自由にやれる分だけ何でもいいという訳ではなくて、こちらの作り易さを優先にした物作りにならないよう取り組まなければなりません。

御希望の用途と機能を充たすことを前提に作る場合には、なるべくお好みの形状から離れないようにシンプルな方向で作る事が多いです。

見た目だけを優先される製作依頼については基本的に受けかねますが、
そのルックスに意味がある物や、カタチ自体にソウルがある場合には、もちろんデコラティブな形状の製作も歓迎です。出しゃばり過ぎないようにストーヴル的なテイストと構造検証は加わせていただきます。

a0155648_1503234.jpg
普段はバッグの中に仕舞われていると聞いていましたので、多少厚めの仕上がりになりますが、今回は二つ折りの構造となりました。

今回もstovl的な手法を使い、ありそうだけど売ってない(笑)構造で製作。
厚みがあってもコンパクトに仕上げる為に、ストーヴルではよく使う手法です。

通常革製の名刺ケースの場合、厚みを確保する為のマチといえる部分は、扇型を半分に畳むような形が多いと思います。
もしくは、成りに入るようにユルミを多くとった大きめのサイズにする方法。革を型押して立体化し収容スペースをつくりだす方法など。
それぞれに利点はありますが、コインが入っていない時やバッグの中などで外側から押されるチカラが加わった時には型崩れのリスクがあると思います。
人様に折れた名刺は渡したくないですよね。でも、レザー製を使いたい方っていると思うんです。

この作り方ですと、堅く仕上げられ割とコンパクトな外観にも出来ます。
只、作りづらく精度が要求される手法なので、一般的な方法ではありません。

外周を取りまく縫いしろ幅数ミリのなかに、硬く堅牢な革を積み上げ挟み込む事で名刺の入るスペースを生み出しています。
そして、この挟み込んだ革がフレームにもなり外周部分を強くし、
さらには、ボディ部分の厚い革とを引き締めるように手縫いされる事で、全体のネジレ剛性も変わってきます。

つづきます。
[PR]
by stovlgs | 2013-06-06 16:07 | Comments(0)