<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

再開しています。

a0155648_16344479.jpg

お仕事再開しています。
御注文・お問い合わせ、お待ちしております。


画像はロングウォレット ホールドタイプ

ベルトの開き留め付きの長財布の中では最もシンプルなルックスをもちながら、
最も傷みづらい構造だと思います。

ベルトループの取り付け縫い付け位置をベルトの真下側とし、もう一つの革パーツを介しループを取り付けることで、一番外側にあり擦れて傷む可能性のあるループ部分が補修することになった場合でも、財布本体を解かずに修理・交換が可能になります。
この構造からくる意匠により結果的にシンプルな見ためと良好な使い勝手を実現しました。

開き留めパーツにおいては、スナップ固定よりも内容物の増減に対応できる差し込み構造のベルト仕様がお勧めと考えています。スナップ固定の物は容量が増えると留めづらく、逆に内容物が少ないと緩み分が増えダブついたシルエットになります。

これは今まで、スナップ固定式のOEM製品の製作に多く携わってきた経験に基づいた考えです。


この個体は後ろポケットに入れることを前程としていますので、ベルト位置がオフセットされています。
御希望によりウォレットロープを装備することもできます。

またお財布をバッグ内に収納のされる方には、オフセットせず中央にベルトを配置することも可能です。

画像の個体は少し厚めで組んでいます。
最近は画像の革より一枚につき0.1~0.2mmほど薄い物を使うことが多いので、
少し薄めの印象になります。トータルの積層で1~2mmほどの違いですが、人間は視覚・触覚でその差をすぐ判別できますので、印象に違いはあると思います。
少しだけ薄くしたからといっても堅牢性と質感は保ったままですので御心配なく。

その時々の革の硬度・質感の差を感じとり堅牢度にも従いながら。
また作り手とお客様の嗜好性や時流にも鑑みて調整しています。



Λ.今回はお休みが短かったので、長野~新潟を旅してきました。
 雨をさけながらの道程で涼しく天候にもわりと恵まれた良い夏休みでした。










.
[PR]
by stovlGS | 2015-08-28 16:49 | Comments(0)