<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

leather

a0155648_1682851.jpg
随分と間が空きました。
その間も黙々と作り続けております。
記すこと表することも生業の一要件ではあるのだけれど、どうしても手を動かす方を優先してしまういつもの悪い癖ですね。
今の時代の商形態においてはlog更新が生存証明なのかもしれませんが。

先日もお世話になっている都内の革屋さん・付属金具屋さん等まわりながら、お客様から御注文頂いている材料の手配と確認をしてきました。まぁこれは僕の日常の一つなのではあるのですが、今まで載せてこなかった部分かと。

取引先さまとは良好な関係が続いているところが幾つもありますので、安心して良質材の確保ができていることが、仕事をつづけるうえでどれだけ安心材料になっているかということ。
昨年からは新たな良質材ともめぐりあい、また十数年ぶりに休止していた革屋さんとお取り引きを復活する御縁にも恵まれました。
やはり籠っているだけではなく直接赴くことで、素材や人とのより良い出会いがあるものでございます。
もちろん電話で発注するだけでも良い物を見つくろい送ってもらえるのですが、自分の場合はお許しいただける範囲で直接伺って良い物の中から更に状態を確認のうえ製作に適した革を選ばせていただいております。
お店さんからすれば非効率でお時間をとらせてしまうやり方なんで、僕も恐縮してはいるのですが、良いものを自信を持って取り扱っているところほど、うちのような作り手にも親切に対応いただき本当に感謝です。

同じ手間といいますか技術を使うのならば、良いと感じられる素材を使わないと勿体ないと思うんです。完成度が高く耐久性のあるものになるようするのならば、やはりより良い素材選びは最重要事項になります。こんな当たり前のことですが、効率や利益だけを優先してしまうと出来ない部分でもあることは御理解頂ければと思います。素材屋さんや運送業者さん等など全ての関わった人たちのおかげで完成品としてお届けできるのです。

なのでうちの製品において、安いだけの物作りは致しません。
作るうえで関わる物や事や人達にも報いられるだけの価値に見あう製品になればと取り組んでいます。
コダワリとかそういうのではなくて、作り手の自己満足ではない、ユーザーさんが気分よくお使い頂ける物、そういうものが作りたいのです。

※こうは書いても、それほど高くはありませんので御安心ください。
 価値に見あう価格でお客様の損にならないよう考え続けています。
 お客様にとっての失敗やガッカリがない製作を目指していますし、今までそうしてきました。
 
 せっかくの御注文なのですから。お気に召されない製作ほど悲しい物はございません。
 




Λ.ご無沙汰しております。
 変わらずやっております。少し元気といったところでしょうか。

 皆様からのお問い合わせ・ご連絡お待ちしております。(生存確認含む~)

















.
[PR]
by stovlGS | 2016-04-28 16:43 | Comments(0)