<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長財布 日々の作業工程 縫製ライン下の処理方法とか

a0155648_15391879.jpg
前回に引き続き、地味めな内部ディテールの画像が続きます。
たまには、作業工程のちょっとしたお話とかも書いてみましょう。

その前に話は前回のエコラン車両の事に少々もどりますが、あの車輛は今年の大会の優勝車両です。本当に美しい車でした。
上のほうで、他所様の部品を地味なんて書いてしまって失礼だとおもいますが、私の稚拙な写真のことですからね。
あのスプロケット、私としてはとても感銘を受けた加工部品だったので、勢い余ってトップ画像に載せてしまいました。
御興味のない方にとっては何てことのない物に感じられるのかもしれません。でも、ああいった一つ一つのことに意味があって美しいってホント素晴らしいと思うのです。以上。

話は戻りまして上の画像ですが、これはコインスペースの内側部分になる縫製になります。
この画像、お客様への途中報告用なので、御指定の糸で二本針をつかって進めております。といった感じでメール添付で製作レポートをお送りしています。

この画像はlogに載せることを想定していませんでしたから、画質的に分かりにくいかもしれません。
先ほども書きましたが、この縫製ラインはコインスペースの内部に入ってしまうところですから、とくに糸切れしないような処理と手当が必要です。

基本的には、この位置に使う縫製糸には摩擦に強い化学繊維製を使います。
麻糸も天然素材の糸としてはかなり強いものですが、使用期間が5年~10年をこえる革製品の場合、その耐用年数につきそえる耐久性を考えなければなりません。その意味では麻糸は少々弱いということが私の答えです。

企業や個人のお客様から、すべてを麻糸使用でとの御注文がある場合には、これらの課題があることもお伝えして決めて頂いています。勿論、御了承いただければ出来る限りの対策を施せば化繊糸でなくても年単位での使用は全然可能です。今までそういった製品も量産してきまして、長く御使用されている方も沢山いらっしゃいます。
でも、化繊糸に比べれば堅牢度に課題があることも事実なのは御理解ください。
御人によっては考えすぎだと仰いますが、作り手としては弱点への対策と提言は義務と考えております。

世間では切れやすい箇所にも麻糸を使用している物は沢山ありますし、当方でも長く多く麻糸を使ってきました。糸の擦り切れ等のトラブルがおきたとしても、外側からアプローチできるところであれば、修理もし易く修理費用の御負担が少なくて済みます。
構造的に内部や込み入った重なりの奥等が補修の必要箇所であれば、ある程度分解しないと患部まで到達できないことがあります。そのような構造にならないように設計することが大切ですが、避けられない部分があることも事実です。
場所にもよりますが、分解するということは無事な部分までほどかなければならないということであり、多少のリスクを伴います。

そうならない為にも良い設計と良い製法が大切だとおもうのです。

上の画像、小さく見えづらいですが(とくにスマホで御覧の方すみません)、縫製ラインに凹んだ堀状の細工をしてあります。
この個体は染料仕上げのコードバンですが、床面(裏面)の毛足の身近なスエード状なので、削り込んだ谷状ではなく、
線状に押印するような感じで凹ます加工をしています。
サドルステッチ・クチュールセリエ技法で縫い引き締めていきますと、糸がキレイにおさまって革表面からの出ている部分がが殆ど無くなることで、摩擦負担を減らすことが出来ます。

勿論、糸の素材選定も大切ですが、物理的に摩擦接触を減らしてあげれば相乗効果で耐用年数は大きく変わってまいります。
そうそう、縫い上がった後にも糸の表面へ蝋を擦り込んでおけば堅牢度はさらに上がります。このように小さな工程一つをとっても気の抜けるところなど何処にもありません。

製品の構成要素の一つである糸についてだけみても、選定方法や糸の鍛え方・仕上げかた・太さの調整・縫製の勘所など、
本当に多岐にわたります。
糸についても、今まで感じたことや気付き等、あらためて記してみたいですね。


コードバン素材が少しだけ入ってきたことで、それに偏った内容を載せることが多くなっていますが、
ヌメ革(サドルレザー)が当方の基本素材であります。
勿論、ヌメの場合も同じような対策を施して作っておりますので、御安心ください。
作り手にとって、値段や希少性による取り組みへの差異はありません。

良質なヌメ革はホント素晴らしいですよ。
私、ずっと使って探し続けてきましたから。
コードバンは美しすぎです・・。
















.










[PR]
by stovlGS | 2017-12-10 17:41 | Comments(0)

エコマイレッジチャレンジ 燃費レースの現在

a0155648_21584213.jpg
先月のこと、本田技術研究所二輪R&Dセンターのイベントに行ってきました。
ここはホンダのオートバイの研究開発の拠点であって同じ敷地内にホンダレーシング「HRC」もありまして、
バイクフリークにとっては聖地のような場所でもあります。

イベントといっても雰囲気は文化祭か開放日のような感じのお祭りです。
なので訪れている人の多くはモーターファンというよりも近所の家族連れが多く、子供や親子向けの体験ものやグルメ屋台など大盛況でした。

でもでも、そこは流石のホンダさん。
展示されている物は、市販車だけではなく二輪と四輪のレーシングマシンから発電機や船外機、飛行機のジェットエンジンまであります。
貴重なレーサー車両のF1カーやモトGPマシン・ツーリングカー仕様のNSX等にも見るだけでなく、跨いだり乗りこむことが出来るという寛大さ。

本日お話しするのは、そこで展示されていたエコラン(燃費レース)用の車輛について。
エコラン車を近くで見る機会は20年以上ぶりだったこともあり、自分の認識とは随分と異なる世界になっていることに驚きました。

先ず上の画像ですが、車輪に動力を伝える歯車スプロケットです。
自転車やオートバイが好きな人にはおなじみの部品。
ふつう軽量化する場合、先ず素材を軽いものに置き変え、穴開けによる肉抜き加工をするのが一般的な方法だと思います。
ところがこのスプロケ、チェーンが掛かる山部分と固定ネジのホール部分の厚みは其のままに、全体を薄く削り込んでいるんです。
この方法は他では見られない軽量化の仕方だと仰っていました。
美しい。って思いませんか、皆さん。
a0155648_21560644.jpg
話が前後しますが、
この車両はホンダさん自体が作っているというのではなくて、
社内の方達が仕事の時間外で作って参戦しているとのことでした。
なのでホンダのマークはついていません。
それでも作られている方々の頭脳と技術は、それはアレですよ。すんごいということです。

自分の認識では、燃費レーサーはカブ系の横型エンジンをベースに作りあげるのが基本と思っていましたので、エンジンを見てまた驚きました。
a0155648_21580256.jpg
わかりづらい画像ですが、エンジンが縦型なんです。
それも見慣れない形状、CB50系のエンジンでもなさそうです。
その辺のことを伺ってみると、スクーターのトゥデイのエンジンをベースにしているとのこと。
驚いたのは排気量もフルサイズの50ccではなくて、38ccにボアダウンされています。

冷却フィンがありません。なんとスリーブがむき出しの感じになっていて、なにやらチューブ状のものがスリーブに巻かれています。
シリンダーヘッドの上に樹脂製のカバーで覆われています。
普通エンジンは冷却されるのが当たり前と思っておりましたが、この競技車両においては保温を重視した構造に作られているのです。

エコラン(燃費レース)では、アクセルオフというか燃料をカットして惰性で走る時間があるので、
その間にエンジンが冷えてしまい燃費に影響するというようなことを仰っていました。
その為にエンジンの温度管理がとても重要課題なのですねぇ。
a0155648_21563832.jpg
更に驚きなのが、このシリンダーヘッド。
トゥデイのノーマルヘッドをベースにしたものではなく、一から作ってしまった物のようです。
細かいことはわかりませんが、バルブ径や挟み角、燃焼室の形状などが理想的な設計と適材で作られているのでしょう。
この画像の一つ上の画像にも下のほうに写ってまして、バルブスプリングやカムシャフトの軸受け側が見えます。

このシリンダーヘッドだけで、「自動車一台分」の製作費が掛かっているとかいないとか・・。
なんともスゴイ世界です。

でもでも、一番感じたのは、突き詰めて作った物の美しさとか、
それに携わる方達の楽しそうな表情が良いということ。
私まで嬉しくなってしまいました。

この小さな車の本気度と精巧な作りに感銘を受けました。
カッコ良さや完成度が高い物には、心を穏やかにしてくれるチカラがあるようです。



Λ.川越からほど近い荒川の河川敷に【セーフティーパーク埼玉」通称オケガワと呼ばれたモトクロス場がありました。
 もう三十年くらい前に現在のレインボーの舗装路のところだったか滑走路だったか記憶があいまいになっていますが
 【本田宗一郎杯】と題した燃費競技大会を見かけたことがありました。
  本田宗一郎さん御本人もいらしていた記憶もあります。

 
 今でもそうなんですが、入間川から荒川にかけては私のバイクトレッキングのコースでして、
 お散歩がてらフラっと走りに行くと、旧セーフティ―パーク埼玉周辺を通りかかります。

 80~90年前半くらいまではオケガワは盛り上がってましたから、
 休日にはモトクロスやエンデューロの大会がいつも開催されてましたし、
 平日にたまたま通りかかるとワークスマシンの試乗インプレの取材撮影や、
 スーパークロスライダーの走行等々、
 あれまぁという場面に偶然出くわしたものです。

 今回、研究所で燃費レーサーを見て、昔のことを思い出しちゃいました。
 時代は確実に進化の方向に変わっていっているようです。
 
 現在は茂木のコースで開催されているとのこと。
 機会があれば次の大会の時に実際に走行しているところを見てみたいと思います。
 
 



.



[PR]
by stovlGS | 2017-12-07 23:48 | Comments(2)

フルコードバン ウォレット 内装コンビ オーダー

a0155648_16020042.jpg


ストーヴル定番の長財布、ロングウォレットの仕様変更オーダー品です。
内外装とも、すべてコードバンを使用したフルコードバン仕様。

この個体は、通常版のヌメ革(サドルレザー)からコードバンへというように素材変更の注文品。
更にスペシャルなことといえば、外装のみならず内装側までコードバンを使用しているフルコードバンだということ。

スミマセン今回は外装の画はありませんが、顔料仕上げのコードバンのため、内側の床面は革そのままの色になっています。
ベージュに見えているところですね。
今回は薄型での製作ですので、裏地革の張り込み加工はしていませんが、この部分に内貼りをすることも可能です。

そして、このお財布のもうひとつの特徴的な部分は、ツートーンのコンビネーションカラー。
カードスペースを構成するパーツの一枚を赤のコードバン素材に変更しています。
素材だけではなくカラーチェンジをすることで、印象も随分変わってきます。

実は外装部もコードバンのレッドなのです。
外装色の赤と、このカードスペースの目のように見えている赤との同素材同色仕様。
a0155648_01393530.jpg
このウォレットに使用したコードバン素材の画像です。
撮影が下手なせいで、革の質感が上手く出ていませんので、言葉で補足しますと黒は少しマットな染料仕上げの物、赤は顔料仕上げの光沢素材です。

※フィルムケースジャケットのサンプルも写っているので気付いた方がいるかもしれませんが、この個体は4~5年以上前に作り納めた物なんです。こんな感じで約20年分のカルテ的な資料画像が溜まっていたりまします。レザーログといいながら時系列な記録ではありません。

この赤いコードバンは、以前入手しておいたデッドストック品でして、色やツヤからしますと高級ランドセルなどに使われていた古い物だと思います。かなり堅牢で美しい革ですが、もう入手出来ないのが残念なところ。
現在では、おそらくというかほぼ確実に生産をしていないタンナーさんだと思われます。
a0155648_01400094.jpg
このコードバン、革の裏側(床面)に、なんともかわいいスタンプが押してありました。
今では見られないディテールですね。登録商標とも書いてあります。

そうそう、このベージュ色が上で説明したのと同じ面です。
ここの質感がとても良く、スムースで、すご~く毛足の短いスエードのような手触りなのです。

コードバン独特のきめの細かい緻密さ。
裏地革を張りつける補強施工も良いのですが、このきれいな面を活かした仕上げかたも、
コードバンを仕上げるうえでは一つの方法であり魅力なんだとも思います。








.

[PR]
by stovlGS | 2017-12-04 02:26 | 長財布 | Comments(0)

CRF450rally フランスで盗難。ダカールラリー開催間近

a0155648_23344573.jpg
師走に入り一月スタートのダカールラリーが楽しみなクロスカントリーレイドファンのストーヴル佐藤です。
数日前、とんでもない事件のニュースをみつけてしまいました。
ホンダワークスのラリーマシン【CRF450ラリー】がフランスで盗難にあったというのです。
日本国内で殆ど報道されていないこともあって情報が不足しておりまして、はっきりしたことはわかりません。

ラリーファンのストーヴル佐藤、日々海外のラリーバイクの情報もチェックしておりまして、
今回はフェイスブック内でホンダファクトリーライダーの選手ページをフォローしていることで知った次第です。
(ご当人の発言というより、フォローしている人達の応援メッセージで、ただ事ではないと気付きました)

事件の状況としては、チームのトレーラーに積んでいたところ荷室をこじ開けられヘルメットなど装備品と共に盗まれてしまったようです。
私が見かけたフランスや南米のニュースメディアの報道では細かいところまで理解できないでおりますが、盗まれた台数などは表記されていません。

これはガセネタだって思いたいところですが、実際のところどうなんでしょう。
ホンダからのオフィシャルな発表もない状態です。
本当に盗難にあっていてバイクが見つからなかった場合、一月のダカールラリーのスタートに間に合うかということです。
スタート前に車検やプロローグランなどもあるでしょうから、かなり余裕をもって現地に到着していなければいけない状況なのは間違いありません。
それに現在のダカールラリーはダカールといいながらも南米大陸での開催で、スタートはペルーのリマです。

盗まれた台数によるのかもしれませんが、スペアカー的なマシンは複数台存在するのでしょうか。
早く無事に戻ってくることがベストなのですが、状況によっては一から組み立てるなどして間に合わせることが出来るのか。とても心配です。
でも、昭和三十年代から海外で戦ってきたホンダです。絶対に大丈夫だと信じています。
この事象を乗り越えての優勝を見てみたいです。

※.画像は海外ニュースサイト掲載のものです。実際の車輛かは不明です。

Λ.88年の第10回パリダカで、アリ・バタネン選手のプジョー405t16がゴールまで数日のところで盗まれた事を思いだしています。あのときもビックリしましたよねぇ。
 今年はもう第40回大会なんですよ。あれから30年たってしまったとは。

 そういえば、少し前に朝霞研究所のイベントに伺ってきました。
 会場で展示されていた【CRF450ラリー】 長時間かぶりつきで観察してきました。
 その辺のレポートも近々載せる予定です。


今回のこの事変、何かの間違いと信じたいです。
私の勘違いだったら、スミマセン。







.

[PR]
by stovlGS | 2017-12-02 00:00 | モーターサイクル | Comments(0)