Dakar  ダカールな日々

a0155648_179760.jpg
私にできるのは、『冒険の扉』を示すこと。
扉の向こうには、危険が待っている。
扉を開くのは君だ!
望むなら連れて行こう

ダカール、夢。
  ダカール、狂気。
    ダカール、論争。
  もう一度言おう。ダカール!
   私と一緒に戦う時が来た。
        
      ~ティエリー・サビーヌ Thierry Sabine~

1979年、第一回からパリ~ダカールラリーを主催したティエリー。
いまでも、この季節になると思い出す言葉。
自分が出場するわけでもないのに、何かグッときます。

私が特に好きなのは第1回から11回大会。
当時、雑誌等で写真記事はみていましたが、最初にリアルタイムで見た映像は86年の第8回大会、よりによってこの大会中にティエリーがヘリコプター事故で亡くなりました。
本当のカリスマだったのでしょう。彼の大会といえたダカールラリー。
オーガナイザーも変わり、南米に場所を移した今でも、彼の精神が生きている事を祈ります。

自分はアフリカの砂漠に行った事はありません。でも、今もあの頃のパリダカに感じた世界感、空気感に、自分のモノ作りは影響を受け続けています。オフロードでのセパレートの革スーツ、革製のマップケースやテールバッグ等々。

80年代後半、オートバイに乗れるようになった10代の頃。僕にとってのパリダカの最高の時代と出会い、ダートバイクと旅に傾倒していきました。レースであり、旅でもある砂漠のラリーに憧れましたね。

今までの愛車と呼べるバイク、ダートマシン達。
ロードバイクも大好きなのですが、旅先や道中、林道やダートに出会った時に引き返したり、悩むのが嫌なんですね。ガァー!と走りたいのです。


※二十数年来の愛車Z50Jゴリラ。これも立派なダートバイクです。ビッグタンク、アップマフラー、ブロックパターンタイヤ、まさにラリーマシンでしょ。念の為。
[PR]
# by stovlGS | 2010-01-08 19:33 | モーターサイクル | Comments(0)

ドレーピング的な

昨日のトレー作りをきっかけに、備品補修に火がついてしまったので、チョッとのつもりでやってみました。
a0155648_21375939.jpg

愛用のペンチです。
私けっこうなハードユーザーであります。グリップのプラスティックのカバー、これがかなり硬いのですが、握り作業を繰り返すうちに穴が開いちゃいます。とくに片側の磨耗が酷かったので、革に付け替えてみます。
a0155648_21421151.jpg

今回の作業、思っていた以上に難航したのはプラスティックのカバーを壊しながら外す工程でした。
硬いです!密着している上に、力の入れずらい形状と刃がついている為に作業しづらかったぁ~。
a0155648_21395658.jpg

仕上げは立体裁断的に柄に合わせ、ウエットフォームしながら沿わせて革を着せました。
柄のカタチがかなり立体的ですし、使った革が、製品には使わない端材だったので伸びの方向性も不確定という事もありパターンは作らず、製作。

製作というほどの物じゃないですね。端材で試したので長さが短めです。次は先端まですべて包む予定。
しかし、このままで使ってみたら以外と良い感じ。
チグハグ状態ですが、少しの間、世界に二つと無いであろうアシンメトリーなペンチで仕事してみます。

※ホントは、もう片方のプラグリップ外すのが硬くて面倒だったから、という説もあります。
[PR]
# by stovlGS | 2010-01-06 01:00 | Comments(0)

机上の

a0155648_2155942.jpg

机上というか作業机ごと、あたらしい作業空間に変わった事もあり、諸々と改修中。

道具を入れておく為の適当なトレーが無かったので、アトリエにある革で作ってみました。
a0155648_2173844.jpg

とりあえず、サイズ的には良い感じなので使ってみようかな。日に焼けてくれば、もう少しかっこ良くなるでしょう。
[PR]
# by stovlGS | 2010-01-05 21:15 | Comments(0)

あたらしい朝

a0155648_20563526.jpg


新しい朝。

ストーヴル 始動します。

今年も良きモノ作りができますように。

stovl leather log もよろしく!

















.
[PR]
# by stovlGS | 2010-01-02 21:30 | Comments(2)