タグ:ヌメ革:サドルレザー ( 3 ) タグの人気記事

ハーフウォレット 二つ折り財布 ヌメ革 コンビカラー 外ポケットタイプ 仕様変更オーダー

a0155648_16284926.jpg
外ポケ型ハーフウォレット(二つ折り財布)の仕様変更の御依頼品。
オールブラック版も艶のある漆黒に育ちますが、今回は内側の収納スペースはヌメ革生成りナチュラルへ変更。

元々良い革ですが、素材そのままをただ裁断しただけで使うのではなく、傷や伸び方向の流れや平滑さを見究めながら床面(裏面)を仕立て直しオイル補充など幾つもの工程を経て組み上げられます。その為より良い状態へエイジングが見込まれ、後々歪の出にくい革になっています。
a0155648_16325477.jpg
画像は仕上がった直後の状態につき、折りたたまれ具合がまだ落ち着いていません。
数年先にベストな状態になるように張りのあるシッカリした革を使っていますので、使い始めから数週間はボリュームがあり全体的に堅めな状態ですが、徐々に馴染み落ち着いてきますので御心配なく。

革が組み合わされ製品となったとき、その製品の顔となる正面部分や目立つところに良質部位を配置するのはもちろんなのですが、目立たないところや見えないところでも折りたたまれたり動きのある箇所にこそ良質部位を配置することが大切です。
いつも書きますが素材の適正に配慮した見究めが結果的に製品寿命や使い心地につながっていくと考えています。
a0155648_6444076.jpg
前回のlogにも記した通りなので詳細はそちらをご覧頂ければと思います。
もちろん外ポケタイプ最大の特徴です。本体を開かずガバット開きます。使い勝手良好です。
真鍮無垢の削り出し金具にて節度感も良高です。銀色のメッキの物も選択可能です。
a0155648_650217.jpg
お財布本体を開いた内側の構造説明です。
向かって左側が縦型に個別の三ヵ所のカードスペース。(馴染んでいますと1スペースに2~3枚収納可能です)
右側に横型の少しサイズが大きめのカードスペース。(大きめな為、厚めのカード複数枚収納可能です)
縦型は普段使うことの多いカード類の出し入れに適します。
横型は普段出し入れの頻度が少なかったり、より紛失が許されない物に適します。開口が中央に向いているので不意に出てしまうことはありえません。(縦型のほうも落ちやすいということはありませんので御安心を)。また既定のカードサイズより大きなポイントカードや名刺(一時間的使用)にも収納可能なサイズです。

この個体は、横型カードスペース側に1スペースを増設した仕様です。
増やす場合は意匠的構造的に幾つかの方法があるのですが、今回はシンプルに一つ積み上げる形で増設。ルックス的なバランスと、コバの端部分積層を分厚く感じさせずに手に触れるアタリも優しくなるように、元々のベース部分よりも一回り小さくなるように増設しました。

カードはものにより三倍以上の厚みの違いがあります。それら厚みの組み合わせや革の馴染み方により一つのスペースに複数枚は収納可能です。
カードを多くいれたい場合に、ただ単純に個別のスペースを増やしてしまえば、そのぶん構成される革の積層分も増えて財布自体が分厚く使いにくい物に仕上がってしまうこともあります。カード収容枚数とスペース増設の仕方や数については、お財布のルックスと使用感・お財布を納める場所(洋服のポケット・カバン等)など考慮頂きながら御検討くださればと思います。
増設・改造等につきましては、お客様ごとに御用件が異なる部分ですので、個別にお問い合わせ・御相談ください。

お財布とは別にカード専用ケース等を携行する選択肢もあると思います。
たくさんのカードを容量を必要とされる場合は御検討ください。
a0155648_1103561.jpg
コンビカラーを作る場合に課題となるポイントがいくつかあります。とくに注意しなければならないのは「糸色の相性」と「移染問題」です。

糸についてはミシン縫いのように表面と裏面で色を変える事はできません。一目ごとに引き締めていくサドルステッチ技法においては、一本の糸の両端に針を付け8の字を描くよう縫う為に無理なんです。
サドルステッチではなくミシン縫いを模した縫い方を手縫いでやれば不可能ということはないのですが、手縫いの特徴である堅牢性と針目の美しさが実現できません。
ですので、革の色それぞれに相性の色を使用することが必要になります。
今回は表の黒革と内側のナチュラルに相性がいいシニューを選択し縫製しています。
ベージュなナチュラルカラーですが半透明なので、両面の色に近づきながら落ち着いた色に納まります。

移染については、洋服やカバン内での移染問題ではなく、お財布の中での話。異なる色の革同士が触れ合う箇所においては色が移らないとは言いきれません。振れ合う面に異なる色を配置しない配慮や裏面同士で触れ合う部分には移染対策の処理を施し製作する必要があります。革を濡らした場合どうなるか等テストをしてある程度の安全確認をとったうえで製作しておりますが、革と染色の特性上未知数な部分もありますので、コンビカラーを御注文の場合はこれらリスクも御理解の上御検討ください。

また、これらの対策で工程工数が増える事と、裁断時に両方の色の革から良質な部分をお互いに取りあうことになり後に製作する物への影響も少なからず及ぶことから、コンビカラー施工費用といして御負担をお願いしております。価格は作るアイテムや色の組み合わせや用尺により変動がありますのでお問い合わせください。
a0155648_11393413.jpg
この角度ですとオールブラック仕様に見えますね。
コンビカラーはオリジナリティを出せますし自分専用といった感じにもできることから人気のある仕様変更です。しかしながら組み合わせ方が多岐にわたることもあり、色合わせに悩まれるお客様も多くいらっしゃいます。そんなときは、やはりノーマルの単色使いの物も落ち着きがありお薦めです。

例えば黒革ベースの場合は糸まで黒にしてオールブラックも良いですし、糸だけブルー・レッド・オレンジ等々、相性の良いカラーリングも多数あると思います。
個人的には白糸は黒革との相性が良いと感じていません。黒革に対してステッチが美しく見えず、革の上質感を若干損ねる場合が多いと感じています。この辺は好みによるところもあると思います。
色や素材との相性などについては御相談を承りますので御気軽にお問い合わせください。
a0155648_11484888.jpg

〇 ハーフウォレット 外側コインスペース付き (画像で取り上げた物の仕様変更のない形)

本体基本価格 29500円 + tax

※各部仕様変更の価格は御希望内容により異なりますので個別にお問い合わせください
 糸につきましては基本色「黒・赤・青・白 等々」などの中でしたら同価格内でお選び頂けます。
 通常色以外をご希望の場合も手配は可能です。


Λ.黒は艶やかに。ナチュラル生成りは飴色や色濃くエイジングしていきます。
 画像の状態は仕上がったばかりの新品状態。ここから年月を掛けて深みを増していくと思います。
 

 





















.
[PR]
by stovlGS | 2015-10-22 16:54 | 二つ折り財布 | Comments(0)

ハーフウォレット 二つ折り財布 ヌメ革(サドルレザー)カード特化仕様

a0155648_22384627.jpg
カード収納に特化したハーフウォレット。
a0155648_22432710.jpg
以前から、御問い合わせや御注文いただくことも多かった構造変更。
コインスペースを除いて、内側両面ともにカードスペースへの変更仕様です。

ユーザー様ごとに、カードスペースの容量と、使い易いと考える要件は変わってまいります。
今までストーヴルでも、いろいろなバリエーションの仕様変更品を作ってきました。

つづきます。
[PR]
by stovlgs | 2011-10-20 02:51 | 二つ折り財布 | Comments(0)

ハーフウォレット 二つ折り財布 アウトポケット 生成りナチュラル order

a0155648_2136812.jpg
コインスペースを外側に配置したハーフウォレットです。
 仕様は異なりますが、以前に載せましたブラックとは色違い、今回はナチュラルな生成り色のサドルレザーを使用したセミオーダー品です。
a0155648_2148862.jpg
御依頼の仕様変更は、2つありました。

○カードスペースの増設
○縫い糸を生成りカラーのシニュー糸へ変更

つづきます。
[PR]
by stovlgs | 2011-04-18 23:14 | 二つ折り財布 | Comments(0)