タグ:モーター関係 ( 2 ) タグの人気記事

エコマイレッジチャレンジ 燃費レースの現在

a0155648_21584213.jpg
先月のこと、本田技術研究所二輪R&Dセンターのイベントに行ってきました。
ここはホンダのオートバイの研究開発の拠点であって同じ敷地内にホンダレーシング「HRC」もありまして、
バイクフリークにとっては聖地のような場所でもあります。

イベントといっても雰囲気は文化祭か開放日のような感じのお祭りです。
なので訪れている人の多くはモーターファンというよりも近所の家族連れが多く、子供や親子向けの体験ものやグルメ屋台など大盛況でした。

でもでも、そこは流石のホンダさん。
展示されている物は、市販車だけではなく二輪と四輪のレーシングマシンから発電機や船外機、飛行機のジェットエンジンまであります。
貴重なレーサー車両のF1カーやモトGPマシン・ツーリングカー仕様のNSX等にも見るだけでなく、跨いだり乗りこむことが出来るという寛大さ。

本日お話しするのは、そこで展示されていたエコラン(燃費レース)用の車輛について。
エコラン車を近くで見る機会は20年以上ぶりだったこともあり、自分の認識とは随分と異なる世界になっていることに驚きました。

先ず上の画像ですが、車輪に動力を伝える歯車スプロケットです。
自転車やオートバイが好きな人にはおなじみの部品。
ふつう軽量化する場合、先ず素材を軽いものに置き変え、穴開けによる肉抜き加工をするのが一般的な方法だと思います。
ところがこのスプロケ、チェーンが掛かる山部分と固定ネジのホール部分の厚みは其のままに、全体を薄く削り込んでいるんです。
この方法は他では見られない軽量化の仕方だと仰っていました。
美しい。って思いませんか、皆さん。
a0155648_21560644.jpg
話が前後しますが、
この車両はホンダさん自体が作っているというのではなくて、
社内の方達が仕事の時間外で作って参戦しているとのことでした。
なのでホンダのマークはついていません。
それでも作られている方々の頭脳と技術は、それはアレですよ。すんごいということです。

自分の認識では、燃費レーサーはカブ系の横型エンジンをベースに作りあげるのが基本と思っていましたので、エンジンを見てまた驚きました。
a0155648_21580256.jpg
わかりづらい画像ですが、エンジンが縦型なんです。
それも見慣れない形状、CB50系のエンジンでもなさそうです。
その辺のことを伺ってみると、スクーターのトゥデイのエンジンをベースにしているとのこと。
驚いたのは排気量もフルサイズの50ccではなくて、38ccにボアダウンされています。

冷却フィンがありません。なんとスリーブがむき出しの感じになっていて、なにやらチューブ状のものがスリーブに巻かれています。
シリンダーヘッドの上に樹脂製のカバーで覆われています。
普通エンジンは冷却されるのが当たり前と思っておりましたが、この競技車両においては保温を重視した構造に作られているのです。

エコラン(燃費レース)では、アクセルオフというか燃料をカットして惰性で走る時間があるので、
その間にエンジンが冷えてしまい燃費に影響するというようなことを仰っていました。
その為にエンジンの温度管理がとても重要課題なのですねぇ。
a0155648_21563832.jpg
更に驚きなのが、このシリンダーヘッド。
トゥデイのノーマルヘッドをベースにしたものではなく、一から作ってしまった物のようです。
細かいことはわかりませんが、バルブ径や挟み角、燃焼室の形状などが理想的な設計と適材で作られているのでしょう。
この画像の一つ上の画像にも下のほうに写ってまして、バルブスプリングやカムシャフトの軸受け側が見えます。

このシリンダーヘッドだけで、「自動車一台分」の製作費が掛かっているとかいないとか・・。
なんともスゴイ世界です。

でもでも、一番感じたのは、突き詰めて作った物の美しさとか、
それに携わる方達の楽しそうな表情が良いということ。
私まで嬉しくなってしまいました。

この小さな車の本気度と精巧な作りに感銘を受けました。
カッコ良さや完成度が高い物には、心を穏やかにしてくれるチカラがあるようです。



Λ.川越からほど近い荒川の河川敷に【セーフティーパーク埼玉」通称オケガワと呼ばれたモトクロス場がありました。
 もう三十年くらい前に現在のレインボーの舗装路のところだったか滑走路だったか記憶があいまいになっていますが
 【本田宗一郎杯】と題した燃費競技大会を見かけたことがありました。
  本田宗一郎さん御本人もいらしていた記憶もあります。

 
 今でもそうなんですが、入間川から荒川にかけては私のバイクトレッキングのコースでして、
 お散歩がてらフラっと走りに行くと、旧セーフティ―パーク埼玉周辺を通りかかります。

 80~90年前半くらいまではオケガワは盛り上がってましたから、
 休日にはモトクロスやエンデューロの大会がいつも開催されてましたし、
 平日にたまたま通りかかるとワークスマシンの試乗インプレの取材撮影や、
 スーパークロスライダーの走行等々、
 あれまぁという場面に偶然出くわしたものです。

 今回、研究所で燃費レーサーを見て、昔のことを思い出しちゃいました。
 時代は確実に進化の方向に変わっていっているようです。
 
 現在は茂木のコースで開催されているとのこと。
 機会があれば次の大会の時に実際に走行しているところを見てみたいと思います。
 
 



.



[PR]
by stovlGS | 2017-12-07 23:48 | Comments(2)

dakar2013  とオリビエさん

a0155648_21325937.jpg
2013年大会のダカールラリーが終了しましたね。

自分的には、2008年の第30回大会がテロ予告で中止になって、翌年南米に舞台を移してからはアフリカ開催の頃程の興味も無くなり、チームの動向やレース結果をチェックするという事も少なくなりました。
しかし、今年はホンダがワークス体制で復帰した事やKTMだけが強かった頃に比べ各チームの力が拮抗していることもあって、久しぶりに興味深く見ていた大会。

エントリーリストから参戦している車両を見ていくと面白いクルマも多く、昔のパリダカのような何でもあり的な感じがうれしくなります。
相変わらず報道はトップ周辺のワークスチームばかりですけどね、これは昔と一緒。
でも今はネットがあるから各チームや参加者のサイトで情報チェックが出来ます!これは良いですね。

moto部門でいえば、KTM150xcを駆るアルゼンチンのライダーが完走していました。
小排気量で2サイクルですからね。 こういうのstovlサトー感じちゃうウンですねぇ。
a0155648_2134544.jpg
auto部門は、バギーが増えて上位にも入ってますし、また小型なプロトタイプ車両が多くてうれしくなります。そのなかでも楽しみにしていたのが smart buggy 。しかし、諸事情により寸前で参戦できなかったのは残念でした。
中身はポラリスをベースにしているようですが、小いさなマシンで大陸に挑むのってカッコいいなーと思いまっす。


そして、一つ残念なニュースが。 結構ショック。
80年代にダカールで活躍したジャン・クロード・オリビエさん。ラリーではなく自動車事故で急逝。
あのソノートブルーのワークステネレXT・FZT・YZEを駆り、速くてカッコよかった選手兼ヤマハインポーター・ソノート社の社長。
また、レジェンドが一人・・・。残念です。

上の写真にもありますけど、初期のパリダカでは装着率の高かったレザースーツ。
ず~っと憧れです。当時でさえシルエットもカラーもスタイリッシュとは思えなかったけど、垢抜けない感がカッコよく感じていました。
ディテールでいえば、使用しているファスナーもポイント。今のファッション業界のビンテージなメタル復刻モノとは相反するプラスティック製のビスロン、これが良いんですよ。世間の大多数が反対すると思うけど・・。
自分用に久しぶりにレザージャケットを作りたいとも思っています。
まぁ、だいぶ先になると思いますが。表明だけ。


Λ.今月起きたアルジェリアの襲撃事件や隣国マリの政変や内戦などの報道を見るにつけ、
ダカールラリーがアフリカに戻る事はとても難しい事なのだと痛感しています。
新興国でのプロモーション効果を考えると南米のままでもメリットは大きいのでしょうね。

ダカールって名前つくのに南米開催って。フジロックみたい。
南米のラリーはそのまま残して、アフリカでのダカールラリーも見てみたい。

平和が一番大切という事。


















.
[PR]
by stovlGS | 2013-01-28 23:22 | モーターサイクル | Comments(0)