タグ:自転車 ( 1 ) タグの人気記事

ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム2017

a0155648_20471747.jpg
昨日は自転車レースをみてきましたよ。それも昔から憧れていたツールです。
ツール・ド・フランス公式日本開催レース【ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム】
じつはstovlサトー自転車も興味ありなんです。といいましてもオートバイみたいな感じではなくて只乗るのが好き。だから全然詳しくはないのですが。
ここ数年間は一生懸命乗っていなかったこともあり、体力の落ち込みを猛烈に感じております。
また自転乗りを再開しようと思っているタイミングでの地元開催イベント、それもツールですよ。そりゃ行くでしょ。

30年近く前だと思うんですが、当時地上波でツール・ド・フランス開催時に毎晩ダイジェスト放送してた記憶がありまして、それはそれは楽しみにしておりました。
グレッグ・レモン選手とかの時代だったかな。

以前どこかに書いたことがあったと思うんですが、私stovlサトーは旅の要素があるコンペティションに魅力を感じるほうでして、まさに自転車のラリーといえるのがツール・ド・フランスだと思うのです。
私自身80年代から影響を受け続けているダカールラリーとツール・ド・フランスとが現在では同じ主催者のASOになっていることも興味深いです。
フランス人は耐久レースが好きなんでしょうね。ル・マン24時間もフランスですし。

にわか自転車ファンな私でも憧れる総合成績一位の選手のみが着用できる黄色のジャージ「マイヨ・ジョーヌ」。
実際にツール・ド・フランス本戦以外で着用が許されるのは、さいたまクリテリウムだけだそうです。
お~マイヨジョーヌもみれるのか。
a0155648_23534553.jpg
昼過ぎに現地に到着していきなりです。予選ラウンド?が始まってました。観戦しやすいところは既に人でいっぱい。
自分も興奮状態で写真撮るのも忘れてまして最後のほうにチラッと何枚か撮りましたが、人の頭越しに手を高く伸ばしてのノーフレーミング撮影でしたのでブレブレっす。
さいたま新都心の公道に設定された3kmのコースには結構タイトなコーナーが多く、急勾配の大きなアンダーパスもあってそこは山岳ステージとしての意味もあります。市街地コースとしては見どころの多いレースです。

もっと観戦しやすいところを探しながら併催しているサイクルフェスタの会場に移動します。
そこにはメーカーのブースや体験コーナーの他に大型ビジョンが幾つかあるとのこと。
1キロくらい歩き到着しまして各ブースを覗きながら大型ビジョンのある広場に行きますと、そこは特設ステージとグランドスタンドの裏でした。この場所はステージを挟みスタート/ゴール地点の真裏でもありパドックも間近に見えます。ここはレースの状況も直接感じられ、フェスタ会場の外側をグルッと廻るように走る選手たちの姿も観戦でき、見えづらいところは大型画面でも常にチェックできます。
a0155648_23541877.jpg
このあたりをいろいろと散策しながら観戦しようと思っていたところに、
いきなりのチャンピオン登場。ツール3年連覇中のフル―ム選手が戻ってきました。
マイヨジョーヌ!!もうこれだけで来た甲斐がありました。
なんかすごいぞ。ユーロッパステージまで見に行かなくても隣の街で本物をみれるとは。
a0155648_23540337.jpg
日本のエース新城選手。大型画面に映し出されたスプリントレースの様子を見に来られたときだったかな。
この日は表彰台とはいきませんでしたが、素晴らしい走りをされていました。

いやぁ~この後のメインレースはね本当に見ごたえのある面白いレースでした。
とくに最後のあの展開はすごいですよ。最高でしょ。
しかし残念ながら、レース中の画像は殆ど撮れていません。もう薄暗いうえに自転車が速すぎて写真撮っても画がとまんないの。
a0155648_01013406.jpg
レース内容については写真でも文章でも上手く伝えられそうもないので、リザルトや映像画像はオフィシャルのほうでご覧ください。動画を見てもらえれば面白さがわかると思います。ついでにツール・ド・フランス本戦のほうもね。

また2018年大会も観たいと思いました。ちなみに観戦料や入場料は掛かりません。
街を上げてのイベントです。マラソンみたいな感じといえばいいのかな。市街地コースを周回するぶん見ていて飽きないと思いますよ。自転車やスポーツ観戦が好きなひとならば楽しいことしかありません。
グランドスタンドや幾つかの観戦ポイントは企業や個人スポンサーしか入れない席のようですが、サイクルフェスタの会場からでも市街地コース脇でも十分楽しめると思います。

a0155648_23544966.jpg
ゴール後は雨が降りはじめ日中の暑さに比べて寒い寒い、もう暗いし写真撮影どころではありません。
上の画像が表彰式を待つ舞台裏の入賞選手達。寒さと雨に我慢しながら出番待ちの様子。
まぁなんて豪華なメンバーなんでしょう。舞台裏にいる大勢のファンの声援にも答えてくれました。

赤の水玉、山岳賞のマイヨグランペールを着た姿もみえます。
サイクルウエアにおいて、黄色とか水玉とか緑ってすご~く重みのあるカラーなんで、着るのが憚られちゃいますね。
でも意味のある装いのディテールって好きなんですよ。
a0155648_23550889.jpg
さいたま新都心駅前の食のイベント会場まできて何か食べようと思ってましたが、もう雨だし寒いしでみんな撤収作業に入ってました。残念。
上の画像は、さいたまスーパーアリーナの軒先で雨宿り中のところ。
欅広場のライトアップ、寒さ倍増の色。でも、とてもキレイ。

Λ.最近考えているのは先ず自分の実用品としてですが、
 自転車用のバッグとか装備品も作ってみたい。
 遊びで作った事ありますが、もうすこし良い物を仕上げたいなと。

 





.

[PR]
by stovlGS | 2017-11-05 23:57 | Comments(0)