道中 バルブ切れ

a0155648_17481727.jpg
もう先月になりますが、月初めに仕事と称したツーリング旅に行ってきました。
お馬鹿な僕、というか物好きな私はcrm50号で出かけまして、一泊三日という感じの旅でした。

大きいほうのバイクが調整中という事もありますし、クルマで行けばという声も聞こえてきますが、やはりオトコは2ストminiです!(ホントは4ストも好き。) 
ここを読んで 「2ストminiは子供の乗り物だろ~」 って思った人がいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いです! キッパリ。 
とくにヨーロッパでは50ccのエンデューロチャンピオンシップも開催され、それこそ超ピーキーなスパルタンマシンが戦っているのです。残念ながら日本のメーカーからの参戦はありませんが。。





話がそれましたが、その旅の帰路。夕刻6時過ぎにヘッドライトバルブが切れたのです。
まわりにはバイク屋さんもホームセンターも無し。 それも25wという小さくて通常のサイズではないバルブ。在庫している所はそう無いだろうと諦め。
翌日仕事を控えている為、泊まるわけにもいかず。仕方なしに切れていないHIGHビームにして光軸を調整、対向車への眩しさ対策の為にヘッドライトガラスの上から三分の一位のところまでガムテープを貼り応急処置。まあ何とかなるでしょう。

しかし、帰りは山越えの新潟~湯沢~沼田~高崎、もちろん原付なので高速道路ではなく下道。帰路のほぼ全工程が土砂降りの雨でした。 
寂しさ好きの僕ですが、クルマもほとんど通らない深夜の峠越えは、もしHIGHビーム側も切れたらチョッとキビシイなと思いつつ激走、そして深夜というか早朝、川越に帰着しました。

そして先日、バルブを注文しようと訪れたHondaのお店。なんと在庫がありました。取り寄せを覚悟していましたが、流石直営店!?

しかし、ホンダ乗りの慣れ親しんだスタンレーでは無く、恥ずかしながら始めて知るブランドの物です。
箱中の残りは無く、新たに梱包してもらうのも何なので元箱に入れてお持ち帰り。
そしてバルブ交換も完了し、これで夜道も安心です。

それと何か良いでしょ、この箱の意匠。
この雰囲気は最近狙ってデザインした物ではないとみた。 
色使いやフォントに昭和のモーターカルチャーを想うと同時に、旅の後始末も終了したのでした。。

Λ. 定説どおりに、「何で此処でなるかなぁ~」という所とタイミングでバルブ切れましたね。
20年以上交換していませんでしたから、帰ってきたら交換しようと思っていました。 
あまりのタイミングに、切れた時は笑ったとです。
[PR]
by stovlGS | 2010-08-05 19:29 | モーターサイクル | Comments(0)
<< 米国より 革、来たる。 発掘? >>