フィルムケースジャケットとライカストラップ 納品

a0155648_19144524.jpg
 三つ並んだフィルムケースジャケット。
右からサンプルの1st2nd。そして今回納品した完成版の3rdモデルです。

3rd完成版の構造は2ndサンプルから踏襲。
カブセ部のシルエット修正。フィルムの出し入れのし易さ優先にほんの少しの大型化。重心の再考と取り付け金具の小型化等々。全体に細かく手が入っています。




a0155648_20322316.jpg
背面構造も前回の試作段階でのカメラストラップの連結フィッティングの結果、スナップベルトの取り付け位置がもう少し高めのほうがカメラストラップとの追従性と一体感が更に増す事が判明。
金具の小型化と、背面ベルト取り付け位置の上方移動と合わせて調整し、装着感up。


a0155648_2193563.jpg
たぶん世界初?ドイツホック留めのフィルムケース。シッカリと固定出来て外れる心配は無し。 コクッというかスルッというか、この質感をお伝えできないのが残念。是非、体感して頂きたい!

a0155648_2222162.jpg
そしてカメラストラップ。
フィルムジャケットを取り付けるベースとして。
それと、小さくてもズシリと重いフィルムカメラによる負担軽減の二つを念頭に製作。
裏面にはアタリの優しいホースイドを使用し、首や肩のカーブに沿い易いように立体で作られています。

今回は長さ調整機構のない構造。御依頼主さんの使いなれた長さで製作。
カメラバッグ収納時等に調整用のバックルが原因で、カメラ本体にキズやヘコミをつける事例が多く(stovlサトーも経験あり)、自分にとってのベストな長さが決まっているユーザーさんにおいては調整機構は無いほうがリスクが少ないと思いますし、ライトに仕上げる事が可能です。
しかし、この製作法だと良質な革を吟味するメーカーにとっては、美観と強度的に優れた長い革が必要になり効率は良くないのでメーカー泣かせな製法かもしれません。。

前回のサンプルと違い、極厚のベンズレザーを3.2mm程の厚さに漉き、巾1.2cmにハンドカット。
コバ面(革の切断面)も全て長時間かけて複数回、磨き込んでいます。 ケバ立ちはありません。
只でさえ最強のベンズをマル秘技を使って鍛えた後、素材として全長1.5m以上になる革を適材最良の部分を厳選しベルトの長さに裁断、製作しています。 

※僕の知るかぎりですが、市販されているヌメ革カメラストラップでコバ磨きと伸び止めの加工してある製品はないと思われます。

カメラストラップは、もちろんフィルムジャケットを付けなくても、使用可能です。実際に自分でもサンプル版のテスト使用を続けていますが、使用感は良好です!


a0155648_2148499.jpgそして先日納品、完了しました。、今回のオーダーの御依頼主、INOUE BORING井上さん。
とくに古いオートバイへの情熱ある御仕事ぶりで、バイクメンテナンスに興味のある人には知らぬ者はいないメーカーさんです。

社長の井上さん、ARTS AND CRAFTS運動に造詣が深い方で、常日頃からそんな事も考えている自分としても、とても楽しく勉強にもなった製作でした。

Leica Ⅲa 1935年モデル、今から75年前のカメラです。
もちろん今でも現役!これが機械の、道具の、本来目指すべき姿の一つだと思います。素晴らしい。
現在装着されているニッケルエルマー50mmに合わせて、同じ生まれのドイツホックにはニッケル仕上げを選定いただきました。

装着してみたところ、ナチュラルカラーとバルナックライカ、似合います!
使い込んで、飴色から濃いブラウンに変わっていくのも楽しみです。

納品は完了しましたが、まだまだ完成度の探求は続きます。

Λ.どんなに耐久性を考えたモノ作りをしても、このライカの耐用年数には敵いませんねぇ。 実証できたとしても75年後には生きてませんし。。

そしてそして、納品の翌日、僕宛にスゴ~イ物が。。

つづく!








.
[PR]
by stovlGS | 2010-09-11 22:49 | フィルム ジャケット | Comments(5)
Commented by 大江戸一 at 2010-10-06 16:13 x
偶然、ここを見つけました。
素晴らしいフィルムケースですね。
ちなみに、このケースおいくらなのでしょうか?
差し支えなければ教えてください。
よろしくお願いします。
Commented by 大江戸一 at 2010-10-06 21:15 x
素晴らしいフィルムケースですね。
③宏までに教えていただきたいのですが、これと同等のフィルムケース1個のお値段を教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。
Commented by stovlGS at 2010-10-07 21:23
大江戸一さん

はじめまして。そして、ありがとうございます。
お問い合わせの件ですが、log掲載のフィルムケースホルダーとストラップは一品製作のフルオーダーという事もあり、市販の予定はあるものの価格仕様がまだ決まっておりません。
このケースホルダーはstovl製カメラストラップに装着して使用する事を前程に設計しておりますので、現在は単品販売の予定はございません。
これはフィルムケースの重心によるところで、お手持ちのバッグやベルトループに装着したとしてもケースホルダーが振られたり、位置の安定が得られない為です。御理解頂けるとありがたいです。

しかしながら、製作できないという訳ではなく、セットで製作もしくは単品の場合は使用環境等にもよります。
詳しい説明と価格納期等は、カテゴリの「お問い合わせ」から御連絡いただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。
Commented by 大江戸一 at 2010-10-10 17:11 x
ご説明いただき、ありがとうございます。
了解いたしました。
市販品を探してみます。
どうもありがとうございました。
Commented by stovlGS at 2010-10-12 23:37
大江戸一さん

いえいえお役に立てず、すみません。
また何か御用の時は、よろしくお願い致します。
<< コダック フィルムケース 何? >>