シース 2in1 その後  

a0155648_2255597.jpg
昨年より製作させていただき納品済みのフルオーダーシース。
本日は、すご~く遅ればせながら、このお仕事の本当の完了宣言の御報告です。なんとか九月中に間に合った。。

前回は春のlogにも掲載済みですが、stovl製作の2into1なオーダーシースの中の主であるナイフを使い、ハンター神崎さんが仕留められたエゾシカを氏自ら裁いたお肉。

僕にとっても感慨深くクラフトマンとして人間として、とてもとてもありがたい大切なお肉。
もも肉とロースの二種類のお肉を頂きました。


そして、もう五月の事になりますがデザイナーT中さん、クラフトマンまじさんとシーカヤッカーな海の男達女達のみなさんで、ダッチオーブンパーティーで蒸し焼きに!

もちろん、みんなですぐに完食です。
大好評で、皆さんから美味しい!と言って頂き、うれしかった~。


その少し後、こんどはサトー家と弟家族でロース肉を。
ちょっと恥ずかしいですが、その夜の食卓の写真をチョコット掲載。

このお肉は煮込み料理にも良い。と教えてもらっていたので、それにならい今回の調理メニューが決定。
そして、相方のお気に入りの銅鍋をつかって煮込む事数時間。



a0155648_23304370.jpg

ビーフシチュー じゃなくて、 鹿 ディアシチュー?!の完成です。

ハイ。もちろんすごく美味しかったです。
シカって、こんなに食べやすいのですねぇ。

エゾシカだからなのかな??

神崎さんがおっしゃるには北海道では、シカさんが牧場に勝手に進入して、牛の食べる良質な牧草もたべているのだそうです。
なので肉質も良いという事らしいです。

なるほど。

 
Λ.今回の製作で、確認できた事。 思った事。 感じた事。 
  自分も動物だという事。 獲物も動物だという事。 仕事である革も動物です。

  みんな一緒だよね。在り方や立場が違うだけ。 
   みんな原子レベルだと動物と無機物も 一緒だし。

よく解らないながらも、いろいろ確認でき感じる事ができました。 そして感謝。

 神崎さん、一緒に味わってくれた皆さん、 そして、 エゾシカさん。 ありがとうございました。 ご馳走さまです。
 stovlサトー 頑張ります。

    そして、ミッションコンプリーート!!

でも、続く  かも。


※. シースの製作記は、右横のカテゴリの「シース」を御参照願います。
   
[PR]
by stovlGS | 2010-09-30 23:57 | ナイフシース | Comments(2)
Commented by クレヴェット at 2010-10-02 23:29 x
シチュー美味そうですねぇ。冬はやぱりシチューが食べたくなる季節です。銅と真鍮の鍋も素敵ですね。この組み合わせ大好きです。
Commented by stovlGS at 2010-10-04 02:09
クレヴェットさん

ありがとうございます! そうそう寒くなってくると暖かいシチューが食べたくなりますね。キャンプだと夏はカレーって感じですが、これからの季節はビーフシチューです!

素材として銅や真鍮はホントすきなんです。 輝いていても、くすんだ状態でも存在感がある。そして重量感。
残念なのは緑青がふくと革に色が移る事です。でも革との相性は抜群だと思います!
<< ファラオラリー 開催中 koedo freejamm >>