ロングウォレット stovl基本型 コードヴァン・クロコダイル オーダー

a0155648_14201931.jpg
stovlで基本となっているロングウォレットです。
仕様変更版ばかり載せていましたので、素のカタチが解らない方もいらしたと思います。
今回の個体も素材の部分でコードバン仕様への変更がありますが、カタチと内部容量などで此れが基本のロングウォレットとなります。
ご用命の際は、こちらを参考に御検討くださいませ。

先ずはサイズです。

長さですが19.5センチ。
畳んだ状態の幅、約9.5センチ。
厚みは、仕様によりますが、基本厚で1.8~2.3センチ。

素材は、牛ヌメ革(サドルレザー)のAクラス以上の物を更に良い部位だけ使用しています。
※ 画像の個体はフルコードバン+クロコダイル仕様です。
a0155648_14323849.jpg
紙幣スペースは、余裕を持った長さがありますので、相当数の紙幣が収容可能です。
更に多くの容量が必要な場合は仕様変更承ります。
ちなみに、今まで一番多くて紙幣200枚収容可能なオーダー製作を経験しております。

カードスペースに関しましては、
個別スペースで4箇所。
大きなフリースペースが1箇所。

個別スペースは1枚だけではなく、2~3枚収納可能です。
カード自体の厚みが物によって倍以上の違いがあるので、それらの組み合わせによりますが、8~12枚は入ると思います。
フリースペースは更に自由度がありカード・ポイントカードはもちろん多くのレシート類等収納できます。
勿論、更なるカードスペースの増設も可能です。
しかし、使用感を損なわない為には全体とのバランスがありますので、御相談ください。


a0155648_1524859.jpg
コインスペースです。
こちらは基本仕様でフラップ式のものになります。写真の個体は撮影の都合で、クセ付け加工後にフラップを何度も開閉をした為に若干浮き気味になっていますが、使い始めてしばらくしますと馴染み落ち着きます。

このスナップ無し仕様の説明は何度かしていますが、
固定金具がなくても不用意に開いてしまうことは絶対にありません。
逆にスナップボタンが無い事で、フラップに沿ってコインが手元近くまで来ますから、レジ前や会計時の所作もスムーズです。
スナップ自体がありませんから金具の破損も起こりえませんし、財布を折り畳んだ時に内側相対面の革やカードにキズを付ける心配もありません。
こちらも、お好みで差込み式フラップに変更したり、スナップボタンを付けることも可能です。
また、ファスナー仕様への変更も可能です。
a0155648_1529475.jpg
写真の個体には取り付けていませんが、附属のウォレットロープを取り付けて使用されますと紛失・置忘れ等の面でも安心です。
スーツでお使いになられる場合やお好みによってはロープ無しの状態で納める事も可能です。
お財布を失くされた経験がある方や、モーターサイクル・自転車に乗られる方にはオススメしたい装備です。

厚みは実測値以上に、見ための部分と持った感覚でも数ミリの違いまでも感じてしまうものです。
基本標準厚よりも薄仕上げを御希望の場合は、別途漉き加工代御負担で承ります。
その場合、革それぞれに適材適所で0.数ミリづつ薄くしますので、基本標準仕様に比べ全体で2/3~3/4程度の厚みになります。感覚的にはさらに薄く感じられると思います。

コードバンに関しましては、もとより薄く堅牢である為、最初から基本型より薄い仕上りになります。
スーツで使用される方には牛ヌメ革の薄仕上げ、もしくはコードバン仕様もオススメです。

a0155648_1545895.jpg
まだまだ書き足りない事も多いのですが、重複してしまうところも多いと思いますので、御興味のある方は他ページも合わせて御覧頂けますようお願い致します。

写真の個体にはありませんが、内側に小さく屋号の刻印が入ります。



〇 ロングウォレット 基本仕様 
 
  ・牛ヌメ革(サドルレザー)  生成りナチュラル・ブラックで選択可能。
  
  ・ 縫い糸は基本色(黒・白・茶・赤・青・ベージュ等)でお選びいただけます。他色糸を御希望の場合はお知らせ下さい。

   ・価格 ¥32500+tax

    ウォレットロープが御必要な場合は別途製作致します。

  ※ 革素材・容量の変更等も承ります。お問い合わせ下さい。
  
  


 画像に写っているものが全ての構成要素ではありませんが、気になる箇所があれば是非お問い合わせください。
 全てのディテールについて御説明できますし、御意見御要望を参考に更なる改良を続けていきます。




Λ.前回の続き、クロコダイル素材の再使用加工についてお伝えします。前回掲載の後半部分もあわせて御覧ください。
a0155648_1695355.jpg
御依頼主が愛用されていた他社製のお財布の表面に使われているクロコダイルを新造するウォレットの何処かに活かしたいとの御要望でした。
素材となるよう仕上げたクロコ素材の大きさが限られている事と、全体とのバランスから鑑みましてカードスペース位置に嵌めこむことに。

課題だった横幅寸法の不足の対策として二つのクロコパーツを組み合わせて使うことで解決。
二つのクロコダイルの柄をあわせて、カードスペース真中の仕切りステッチ下でお互いが重なるように配置しています。
その仕切りの下では二枚のクロコが重なりあって段差なく丁度一枚分と同じ厚さになるように加工し、カードの出し入れ時にも影響がないよう治めています。

クロコパーツはコードバンパーツ上に貼り込みステッチで固定していますが、そのままではクロコ表面柄の凹凸やウネリが重なるコードバンにアタリとなり透けてしまうので、クロコの裏面を平滑にし外周部分はなだらかに馴染むよう仕上げています。

前述しましたが、このウォレットは全てのパーツをオイルコードバンで組み上げた、
フルコードバン仕様です。

爬虫類や毛皮など特殊な革を除きますと、もっともハイエンドな素材です。
堅牢ではあるけれど繊細な素材なので、製作するには更なる緊張感を従います。
通常の製作以上に時間と手間も掛かるコードバンですが、仕上がった物を前にしますと、
良いなぁと作り手ながら感じてしまうマテリアル。

最良の素材の一つだと思います。



◇ 壊れたり使えなくなった愛用品の一部を素材の一部として活かす事ができます。 

 








.
[PR]
by stovlGS | 2013-11-28 16:30 | 長財布 | Comments(0)
<< mag-lite bag  オ... crocodile reman... >>