端材で、ちょこっと遊び

a0155648_2041281.jpg
どうしても製作で出てしまう沢山の端材に毎日囲まれております。
製品には使わないので、サンプル検証に使ったり処分してしまうしかなく・・。それでも溜まる一方です。

小さい製品用としたり、混ぜてわからないところに使ってしまうということはありません。
良質部位だけで作れば製品寿命も延びますし、宜しくない部位を混ぜて作ったものを比べて、より良い状態が長く続き、使用感も良好なのは紛れもない事実です。
なので、使わないと一度決めた端材を使うことって出来ないんです。

もったいないといえば、そうなんですが。無駄にしているのとは違うと思ってます。素材に対してもどこか心苦しく勘弁してねといった気持ちで撥ねています。
自分の気持ちが一番にそうさせるのは間違いないところですけど、販売上営業上の口上ではなくて、このやるせなさを革にもわかってもらいたい気持ちがあるのが正直なところ。

撥ねる量が多ければそれだけコスト的には厳しくもなるのですが、そこでケチってもいい物は作れません。
ユーザーさんに気持ちよく使って頂けるのか、御期待に応えられるだけの使い心地と耐久性があるかという部分において最重要な見究め事項なんです。それに何より自分も気持ちよく作れませんものね。
なので、日々裁断工程の段階では全ての角度と意味合いから検討し芳しくない部位はバサッと撥ねていきます。でもホントの意味で無駄にならないように、良質部位は小さなものでも仕分けてストック。
革も納得してくれてると思いたい。


で、たまにその溜まりに溜まった端材を使ってチコッと。サンプルでもなければ習作でもなく。
上手くもなければ丁寧でもなく、フリーハンドで遊ぶ。

うちのウォレットでそれなりの数を作ってきたモデルのミニチュア版。(笑ぃ~。)
どこも縫ってもないですし、仕上げもしてない。端材のホント遊びですが。
a0155648_20593485.jpg
5ポケットのウォッチポケに入るサイズだったり。奥まですっぽり収まります。

ちゃんと作ればコインケースとして使うことも出来たりするんです。
最小サイズなんで収納量も極少ですが。

これ製品ではないので、あしからず。














.
[PR]
by stovlGS | 2015-02-18 20:59 | Comments(0)
<< ウォレット ハーフ系 とか ロングウォレット ショートタイ... >>