R80G/S・R80GS basic 専用リアバッグ その1

a0155648_16133657.jpg
以前から試作・開発は完了していますと記していましたが、諸事情により続報をお伝え出来ずにいました。
本日はまずR80G/S専用リアバッグの製作の経緯についてお知らせ致します。 
また少し後にはなりますが、構造と製作の詳細についてもお伝えする予定ですので、今日はさらっと。
製法や想いの部分でR100GS用と重なるところもありますので、そちらの記事と合わせて御覧くださいますと雰囲気は御理解頂けると思います。

今回御紹介するリアバッグは開発も兼ねたプロトタイプとして製作し、昨年の夏にR80G/Sにお乗りのお客様に納品した個体になります。

まず、今までのR80G/S・R80GSベーシックのキャリアとリアバッグにおける状況について。
今まで2バルブGS用として作られたバッグには、BMW純正(絶版)を筆頭にリプロダクト品が何種類か存在していたと思います。
それら代表的なバッグの多くは、「R80G/S・R80GSベーシック」と「R100GS」という大きく分けて2種類の形状と構造の全く異なるリアキャリア向けに兼用として使うことを前程に作られたものです。 
その影響があってか装着の不具合や傷み・型崩れなどが散見され、私のところでもそれらの修理の御相談も受けてきました。

このトラブルの類は初代モデルのR80G/SとR80GSベーシックのキャリアに装着している場合に発生しやすく、細かく見れば殆どの個体が抱えている不安定要素ではないかと推察します。
これはキャリア座面の奥行きが短く、それを構成するパイプフレームが100GSに比べ少ないことに起因していると考えられます。

取り付けに関しても、カブセ開閉固定用にリベット留めされた2本のベルトをキャリア下側に回り込ませようとしてもウインカーステーに阻まれ出来ず。仕方なくベルトはキャリア座面とバッグ下面との間に挟むようにするしかないのでバッグの安定感も良好とはいえず型崩れを併発していました。
それに加えてバッグ内側からキャリア座面の横渡しのフレームパイプとをつなぐU型金具が中央に1点しかないことで、バンク走行時やサイドスタンドでの駐車中にバッグが横滑りしてずれるという問題がありました。
ちなみに100GSにおいてはキャリア後端部にベルトを通すガイドループが二箇所設けられ、2本のベルトがキャリアの下側を廻りこみバッグ自体をキャリアに抑え付けるように固定できる構造になったことで、このトラブルは発生しません。

純正バッグと基本構造を同じくする純正以外のリアバッグでも、R80G/S・R80GSbasic のキャリア上で使われることを考えますと、デフォルト状態のままで安定した装着が成されていることのほうが少ないのかもしれません。問題なく御使用できている方もいらっしゃると思うので決めつけることは出来ませんが。

今まで海外製のリプロ品をはじめ純正が絶版になったあと作られた幾つかの2vGS用リアバッグについて見る機会もありましたが、完全な対策を施された物はなかったように感じています。(純正・内外リプロ品の不具合で御相談頂いた方が幾人もいらっしゃいます。)
これはメーカーが自発的もしくは依頼され製作したバッグだとしても、純正バッグに近づけるように当時の仕様を踏襲して復刻的に製作した場合には、そのネガ部分までも引き継いでしまっているということが原因なのかもしれません。

ストーヴル製として作るならば、問題点を解消し、出来る限り良い物になるように、根本原因の一つである兼用の設計を改めまして、【R80G/S・R80GSベーシックキャリア専用品】として設計・開発を行いました。

リアキャリアに従い無理のない形状と寸法にすることで、意匠も構造も全く異なる仕様になりましたが、その制約の中でバランスが悪くならないように作ることは簡単なことではありません。

じつは今回のバッグ製作はサイズや意匠変更と共にフィッティングの為の施工箇所が本当のミソでして、キャリアとの接地感と安定性を図るために1ミリも無駄にしないよう色々と対策した構造になっているのです。
その辺りは、また「その2」で詳細にお伝え出来ればと思います。
a0155648_17132412.jpg
ユーザーさんから頂いた写真です。御自身の80G/Sに装着の図です。ありがたいなぁ。
いや~キレイでかっこよいGSですね。最高レベルの整備・レストアが施された車輛です。

まだ革が硬く馴染んでいませんから、ベルトも奥まで締めこんでないとのことですが、雰囲気が伝わるでしょうか。
大体のおおきさですが、純正より奥行きが少し短く・横幅は広く・高さは少しだけ高く。

うちの定番品として作る場合の大きさはまだ暫定的なものでして、80用に幾つか製作した別の個体全てで細かな仕様・サイズ感は異なります。
まだ深化途中ですが、前述の問題点はほぼ解決済みですので、あとはユーザーさんの使用要件にあっているのかとデザインバランスが課題ですかね。
今後ラリー用途や最小サイズのハードコア仕様もつくりたいですねぇ。

※R80STもキャリアは共通の形なので装着できると思います。未確認ですが。

Λ.まえふりでも、つい長くなっちゃいますね。詳細はどんだけになるのか。
 「わかりやすく、短く」は出来ない性分のようです。
 
 作れば作るだけ疲弊する製品なんですが、できる範囲ギリギリでやりぬくつもりです。
 少し大げさですが。2バルブフリークの意地もあります。
 せめてマイナスにならないようにコスト削減ではない部分で調整中です。

  高品質なAクラス以上の牛一頭の半身を依頼主さんの注文ごとに専用手配しまして、その中でも良質な部位だけで作ります。商いとして見れば「甘ちゃん」と思われる部分ですが、もっとコスト効率よく裁断できるかもしれないといった作り手の都合に寄った裁断や作り方は致しません。 なので正直な本当の作り方をして、どこにも負けないクオリティを目指しますと、このリアバッグは牛一頭の半身から一つ分しか切り出せないんです。
 
スミマセンが、御注文は現在まだ受け付けておりません。100GS用も現在休止中です。
◎受注再開しております。
 
良いと思って頂ける物を長く作り続けるためにも、まず春まではバックオーダー分だけの製作を予定しています。
詳細はもうちょっと、お待ちくださいね。







.

[PR]
by stovlGS | 2015-02-28 15:27 | R80G/S・basicバッグ | Comments(2)
Commented at 2015-02-28 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stovlGS at 2015-03-01 04:08
コメントありがとうございます。
ベーシックに御乗りとのこと。いいバイクですよねぇ。
ラフロさんのバッグはナイロンでしょうから耐久性・耐候性も高いので使いやすそうですね。
唐澤さんが御覧になったものがストーヴル製かはわかりませんが、革製のものは雰囲気があると思います。比較検討の為いろいろと良い点以外のことも書いたりしますが、どのメーカーメイドの物でも好きなのが正直な気持ちです。
レザーバッグが似合うダートバイク。2バルブGSの特権ですね。

<< ◎ 価格改定について  ブラックなコードバンウォレット >>