R100GSリアバッグ 黒 後染め 生成り芯 その3 搭載画像 追記アリ

a0155648_15454314.jpg

今回のその3は【ストーヴル製R100GS専用リアバッグ】の画像と共に搭載適合等についてお知らせします。

画像の車両は「BMW R100GS」88~90年式の初期型です。このほかの適合車両は、カウルが標準装備となった後期型、[paris-dakr] [pd]モデルともに搭載可能です。

あと国内には少数しか存在しなモデルのベーシックではないパラレバータイプのR80GSにも適合します。


※モノレバーのスラッシュと、パラレバーのベーシックの両R80モデルについては、リアフレームとキャリアの形状が異なりますので、今回のリアバッグは搭載できません。

純正/リプロバッグでは、同一形状品を上記すべての車両へ取り付け可能としていますが、当工房ではストーヴルオリジナルとして、各タイプ専用設計し製作しています。

その辺の説明は長くなりますので、
【カテゴリー 】のR80G/S・basicバッグ内の記事も御覧ください。



今回は別の打ち合わせもありまして、オーナーさんが自らGSを駆りお越しくださいました。

御自身のGSに取りつけてお持ち帰りになられるとのことで、装着画像を撮影させていただきました。

幾つか画像を載せますが、撮影露出値の都合で実際の色とは少し異なる部分もあります。

どの画像にもいえるのですが、後ろ方向から撮っている都合で、バッグが車体に対して大きめに写ってることが多いので、その辺も御理解のうえ御覧くださいませ。

a0155648_15503384.jpg
以前も少し書きましたが、薄色系(白やナチュラル)の革の表面に黒の染料を染めつけることは簡単な作業ではありません。
どうしても下地の色の影響を受けて染料色よりも薄く見える傾向があります。その対策として複数回染めつけることで、ある程度まで元々の染料の色に近づけることが出来ます。
今回は染め屋さんの御尽力もあり、上手く染めつけることが出来ました。

それでも「芯通し」と呼ばれる裏や断面まで全て黒く染まった革に比べますと、今回の革は少々明るめといいますか漆黒ではありません。光のあたりかたによって少しだけブラウンがかった色みにも見えます。
その時々の革の染め付け性や染色工程の状況などでかわってくるところです。

元々黒いヌメ革は紫外線や温度の影響でグレーがかったりブラウン寄りになることがあります。
今回のような表面を染めつけた革においては想定以上に色と風合いの変化を伴うことも。

このリアバッグのオーナーさんは革の造詣が深い方で、これらの特徴も理解いただいたうえで御依頼くださいました。またその変化も楽しまれています。


a0155648_15451328.jpg
横から見た様子です。
ビッグオフロードによく見られる樹脂やアルミのトップケースのような大きなものではありません。
バランスが悪くならないように、使いやすさとカッコ良さも鑑みたサイズ設定にしています。

大きめサイズへの仕様変更やワンオフ製作もできないことはありませんが、良い物が出来るかどうかは御希望の仕様やサイズを検証してみないとわかりません。
逆に小さめの物やライトウエイトな物など、ラリーやレース用途のカスタムや特注品も製作可能です。
御興味あればお問い合わせください。


この後、同じオーナーさんから別の御注文を頂きました。
その辺については、また次回以降お伝えする予定です。


Λ.贔屓目もありますが、この時代のGSはとくにカッコいいですよ。
クラシックでもなく、コンサバなテイスト重視のバイクでもありません。
見ようによってはスポーツ用品的カラーリングで、多くの樹脂素材も使われています。
それなのにレザーが似合うんです。
そんな単車そうそうあるもんじゃございません。

パリダカールラリーでの活躍が有名なボクサーバイクですが、
モデル末期はツーリング向きと捉えられていたバイク/エンジンでもありました。
これと同系列の900ccエンジンの頃にはスーパーバイクレースにおいて、当時最新のマルチエンジンのZ1等と戦いチャンピオンになった事実もあります。

実際、GSに乗った直後に同じカテゴリー?のアフリカツインを運転してみると「剛と柔」ってくらいの違いを感じたものです。昔のカワサキやスズキの空冷マルチに近い硬質感とでもいいますか。
ツーリングなどではスズキの油冷マシンとのランデブー走行の相性が良かったり、そんなことも思い出しました。



数ヶ月使用後の追記です!

納めてから数ヶ月後に再度お越しくださいました。
下の画像はその時のもの。既にエイジングが進み、色の変化が見てとれます。

a0155648_17124170.jpg
リアバッグを搭載した状態で、ほとんど毎日使っておられるそうです。
出先で急な雨に遭遇し、そのまま夏の強い日差しによる急速な乾燥にさらされた事もあり、カブセ部分が少々変形している感じでしたが、全体的に良い感じにエイジングが進んでいます。逆に落ち着いたようにも見えます。

色の変化では、とくにコバの色が素晴らしい。
元々のコバ部分のナチュラルな生成りの薄いベージュ色が、赤みがかったボルドーのようなブラウンカラーに色づいています。

今回使っているヌメ革は見た目の良さ以上に、硬さのなかに粘りもあり耐久性に定評のある上質材です。
工業用や靴底材にも使われる革も作っている深い鞣しが特徴のタンナー製なんです。
以前長いこと使用していましたのでエイジングが素晴らしいことはわかっていましたが、ここまで早く育ったものはそうそう観る機会はありませんでした。
夏の強い日差しと高温状態によっておこる変化だと思います。バイクで使われる環境の厳しさを物語ると同時に、夏と日光の恩恵ということですね。お財布やショルダーバッグではここまで早い色の変化はおこりません。

また、想定した通り表面の黒色も深い焦げ茶がかったブラックに。
これは油分補充などすれば、ある程度は黒革の状態に留めてはおけますが、今回の個体はその変化も楽しんでしまおうというのが、依頼主であるオーナーさんと私の思いでもありました。

今後のエイジングも楽しみなところです。

ちなみにこの個体は二年前に納めた注文製作品です。











.





[PR]
by stovlGS | 2018-01-18 19:38 | R100GS専用リアバッグ | Comments(0)
<< ハーフウォレット 後染めブラ... R100GSリアバッグ 黒 後... >>