ハーフウォレット コードバンブルー×ヌメ革ブラック オーダー

a0155648_22492115.jpg
前々回に引き続きまして、本日はハーフウォレット/二つ折り財布の御紹介です。
外装をコードバンブルーに変更し、内装はヌメ革ブラックを使用するというコンビネ素材での製作依頼です。

最近ではハーフウォレットのマイナーチェンジや仕様変更の寸法調整によって、若干シルエットが変わってきています。
ほんの1~2ミリほどの寸法変更によっても、みための印象は結構変わってまいります。
上の画像は広角で撮影しているので、遠近感が実際のバランスより真四角にちかい見え方になってはいると思いますが、
実際には長方形といえるシルエットです。
a0155648_22494765.jpg
ストーヴルの定番には、この形とは別に長財布が存在しますが、そのバリエーションであるショートタイプの初期の物は、とくにギリギリといいますか、丁度よいくらいの寸法で作られていました。
程々のタイトさで全体のシルエットを形作っており、まぁ言ってみればスパルタン仕様といえるものでした。
現行型では、数ミリ単位で調整しただけで更に使いやすくなることから、扱いやすさに寄った仕様に全体がなっていった感じですね。

そういう意味ではハーフウォレットも初期の物は、使用感が損なわれない程度のタイトなサイズ感で長らく作ってきました。
時が経ち、個人のユーザーさんからの御注文が増えるに従い、内部仕様の容量増設の御要望が多くなってきたことから、ハーフウォレットもより余裕を持ったカタチに変化してきています。
a0155648_23382927.jpg
前々回の後染めブラックの生成り芯使用のハーフウォレットは、内装のカードスペースを一つ減らしたスパルタン仕様でした。
逆に今回のハーフウォレットは通常のカードスペース三ヵ所から、もう一つ大き目のカードスペースを増設しています。

どういったものかといいますと、相対面のコインスペース下に標準装備されている横開口のカードスペースと同じ構造をもったものを既存の3ヶ所のカードスペースの下につくりました。

この配置は、元々の設計の中で増設できるようにしてありますが、オーダーがあった時にパターン(型紙)を補正して、財布を折り畳んだときに他の箇所に負担が掛からないよう調整しています。

単純にスペースを増やすといった作り方では、折り畳みづらく、型崩れしやすくなったり、使用感が悪くなるおそれもあります。
増設や減設時には、全体のバランスを考えた調整や寸法調整が絶対的に必要。
逆に言えば、何も変化がなかったように普通に感じてもらえれば、バランス調整は成功しているといえるのかもしれません。

a0155648_22494018.jpg
黒革なので、尚更わかりにくいこともありますので、色のついたカードを差し込んでみました。
実際には、奥のほうに収まりますので、カードが見えてしまうことはありません。

縦方向の寸法に余裕がありますので、重ねた状態で厚みのあるカードが5・6枚以上収納可能です。
それといつも書きますが、横開口なので、不用意に出てしまったりしませんから、普段使わないカードや免許証などの大切なものには最適なスペースです。
a0155648_22493465.jpg
ハイ。こちらも毎度お知らせしているコインスペース。
ストーヴルオリジナルの構造「ギザギザ縫い抑え」です。
スペース底面とフラップの取り付けを嵌めこむように固定していますので、段差がなくコインのとり出しでまごつくこともありません。

嵌めこみ固定の縫製ラインが直線的ですと、その糸の僅かな段差が塀のようにはたらきコインエッジに引っかかります。
このギザギザ縫いであれば、コインエッジへの影響が殆どなくスムーズです。
それに加えて、スペース底面の革とフラップ革のつき合わせ部分がめくり上がるような傷み方もせず、固定位置の安定感もあります。

勿論スナップ金具も真鍮無垢の削り出しです。留め外し時の節度感が違います!
a0155648_22501526.jpg
外装本体上辺に細幅の見返し革が取り付けられているのもストーヴルオリジナルの構造です。
この見返し革があることで伸び止めの効果とエッジ部分の耐久性が変わってまいります。
精密裁断が必要なのはもちろんのこと、立体的に積層各部が組み合わさる構造のため、コンマ数ミリのズレも許されません。また厳密な針穴のあけ加が大前提であることから、あまり見られないディテールだと思います。
私stovl佐藤、穴あけは目測のフリーハンドです!ちょっと自慢気~(笑)

半開きの状態写真ですが、財布が折り畳まれますと内装スぺ―スの上辺部と見返し革が嵌まるようにおさまり、紙幣のスペースの折り畳み蓋のように作用します。
まぁ、ここは蓋がなくても、畳まれれば革との面圧があるので、紙幣のおさまりに心配などありませんが。。
財布外周部に硬度があればバンパー的な安心感がありますし、コバ部分を保護できるというのが一番の効能ですかね。
a0155648_22500043.jpg
青いコードバン外装に、ブラック内装は相性抜群です。
内装の黒革に合わせ、黒の糸を使っていますが、外装のコードバンのブルーも引き締まった印象になります。

このブルーのコードバン材は奥深いですよ。
ナチュラルとあわせると爽やかな印象になりますし、
チョコブラウン系とあわせても渋く良い感じのツートーンに仕上がるんです。

完成画像では、コードバンに張りがある影響で、実際の使用時よりもボリューム感が出ているように見えます。
使って馴染みますと、もっと平滑なフォルムになり、より雰囲気が出てまいります。


ストーヴル定番のハーフウォレット。
良質材のみで作りあげた二つ折り財布です。
長く使える嘘のない製品をお探しの方いらっしゃれば、ぜひご検討ください。


〇二つ折り財布(ハーフウォレット)コインスペース内装側型 29500円+tax 
 
 ※仕様変更のない基本価格です。コードバンへの素材変更や内装の増設等は別途お見積もり致します。

下記のリンク二点で詳細は御確認くださいませ。

◎ストーヴル定番製品価格表/オーダー製品等について

よろしくお願いします。












.

[PR]
by stovlGS | 2018-02-05 00:41 | 二つ折り財布 | Comments(0)
<< 試し縫い 糸色サンプル 御相談... 学びとして 他社製品の修理 /考察  >>