試し縫い 糸色サンプル 御相談メール用

a0155648_18311985.jpg

御依頼主との御相談のなかで、革と糸との相性についての御質問を頂くことがあります。
定番の組み合わせ以外の相性については、使用予定の革の端材をつかって、幾通りかの試し縫いをしまして、メール添付のかたちで確認頂いています。
お使いのモニターの状態や撮影露出によっても見え方は違ってきますから、全てそのままをお伝えすることは難しいのですが、雰囲気はお分かり頂けると思います。

実際にお客様とのやり取りのなかでメールに添付した確認用画像を何枚か載せます。
どれも端材革にざっと試し縫いした程度のものですから、仕上がりを求めたものではありませんので、その辺はお察し頂きながら御覧ください。


まず最初にストーヴルの考える定番の組み合わせ、
【生成り・ブラック・ブラウン】の革素材と、糸との基本的な組み合わせを記しておきます。


・ナチュラル生成りには白糸やベージュ系の色がよくあいます。
ベージュ色からブラウン~焦げ茶へと色焼けしていきますが、どの色とも馴染みが良く違和感がありません。
白い糸は生産されなくなる心配がありませんので、補修性の意味でも安心な色といえるとおもいます。


・黒革の場合、やはり黒糸です。引き締まった印象になり、より上質感が味わえるのは、この組み合わせでしょう。
ダークブラウン系の糸とも相性よく、レッドやブルーといった明るい色の糸との組み合わせもお薦めです。

※ストーヴル独自の見解になりますが、黒革に白糸の組み合わせはお薦めしていません。
 割と多く見かける組み合わせですが、どんなに丁寧に針目を揃え縫ったとしても、美しく映えない印象があります。
 

・ブラウン系の革には、やはり同系色の茶か焦げ茶の糸との組み合わせは違和感がなく安心感です。
 濃いめのブラウンレザーならば、黒糸との相性も抜群で、ひき締まってみえます。
レッドやブルーの糸とも相性が良いとおもいます。


a0155648_18310724.jpg
生成りの革をブラウンの染料で手染めしたものです。
そこに御依頼主の希望される色糸と共に、相性の良いと思われる糸を試し縫いしてみました。
上から焦げ茶・ブルー・レッド・イエローですね。
私個人としてはどれも違和感ありません。どの糸で作っても上質感のある仕上がりになると思います。
a0155648_18222594.jpg
こちらも上と同じ手染めのブラウンレザー。
左から、白・シニュー(ベージュ)・ブラウン・焦げ茶、の糸です。
縫い方の粗さも影響していますが、この個体に関しては白糸は他の色より馴染んでいませんね。
この白は化繊糸なこともあり、染めの雰囲気にあっていないかもしれません。

a0155648_18233894.jpg
こちらは、ベーシックな生成りナチュラルのヌメ革材。
糸は右端から、白・薄ベージュ・キャメル・シニュー・です。
この四色の糸であれば革がエイジングして色濃くなっても、雰囲気を壊さないでしょう。
シニュー以外は麻糸です。ベジタブルタンニン鞣しの革とプリミティブな天然素材の糸とは相性良いです。

麻糸は天然素材としては最高強度の糸ではありますが、化繊糸に比べれば擦り切れやすいので、長期使用に向いているとは言いきれません。その辺の課題とあわせて選択されることをお薦めしています。
a0155648_18223918.jpg
この組み合わせは作ったことが無かったです。。
長財布を御注文の男性のお客様からの御依頼です。
早速、サンプル検証として取り寄せたピンク糸、生成りのヌメ革の端材に試し縫いしてみたところ、とても雰囲気が良いんです。
少し色付き始めたたヌメ革との相性も良く、ピンクといってもフェミニンさとは違った印象です。一見すると白かアイボリーっぽくもあり、品のある仕上がりになりました。
こういった発見があるのも、お客様とのやり取りがあってこそ。日々、勉強です。

a0155648_18230202.jpg
これはコードバンでのサンプル検証の様子。上から、黒・焦げ茶・茶・シニューの順に試し縫い。
革の色はブラウン系のバーガンディ色。どの色の糸も雰囲気を壊さず良い感じに見えますね。
コードバンの表面硬度もあってか針目が締まった印象に。高級素材は凛と仕上がります。
a0155648_18242668.jpg
表裏ツートーン仕様のウォレット、【外装を黒革・内装を生成り】の色合わせの検証サンプル。
オレンジカラーの糸を御希望でしたので、仕上がりのイメージがわかりやすいように、端材サンプルで試し縫い。

a0155648_18244233.jpg
内装側です。
ナチュラルなベージュ色のヌメ革に、橙系のステッチは違和感なくおさまります。
黒とナチュラルの両方にあう色といえるでしょう。
ツートーンの場合、単色仕立てに比べますと、カジュアルな感じになることが多いです。
黒革と焦げ茶革のような、ダーク系同士の組み合わせでも、それはいえると思います。

a0155648_18274932.jpg
こちらは黒のヌメ革。
上から、ブルー・シニュー・黒(化繊)・レッド・黒(麻)・紺(麻)。
ざっと試し手縫い、フリーハンドでいい加減に縫ってあります。

ベースの革が一緒でも、糸の色で印象はかわるものです。
色だけでなく、糸の素材や太さはもちろん、撚りの方向と本数の違いによっても雰囲気は大きくかわってきます。

a0155648_18262397.jpg
ここから二点は同じ物を裏と表から見た画像、ウォレットの色合わせ確認用の試し縫いです。
変なカタチなのは、希少なコードバン材の小さな端材だからです。

外装がコードバンのブラック。内装がチョコブラウンのヌメ革の御注文でした。
端材革の四辺を其々異なる色の糸で試し縫いしてみました。

a0155648_18255916.jpg
裏面のチョコブラウン側です。
レッド・ブラック・ブラウン・シニューベージュ、の四色は、表面のブラックと裏面のチョコブラウンともに御注文頂くことの多い色合わせです。

ざっと程々に縫いあげた物ではありますが、このような試し縫いサンプルがあれば、表裏其々の面の相性が確認できますし、完成時の仕上がりも想定しやすいと思います。


今回は載せたものは、ほんの一例です。全ての御注文で検証の試し縫いをするわけではありません。
変わった組み合わせや、確認したい御要望があるときには、仕上がりをより明確にイメージしやすいように努めています。
オーダーといっても敷居の高い物ではありません。是非御気軽に御相談ください。


Λ.せっかくの注文製作なのですから、私としても長くお使い頂ける物になれると嬉しいです。
 どうせなら気に入った物に致しましょう!









.




[PR]
by stovlGS | 2018-02-11 23:47 | Comments(0)
<< Λ ハーフウォレット コードバンブ... >>