HONDA XR600R ハンドルロックキーカバー

a0155648_21304496.jpg
昨日のホンダバイクつながりで、サラッと記します。
本日はお仕事でありながら、ちょっとニュアンスの異なるとても小さな依頼品について。



少し前に友人から、ホンダのダートバイクXR600Rを手放すと連絡をもらいました。
「作ってもらったキーホルダーも一緒に付けて手放していい?」と聞いてくれる律儀な御人。

もちろんOKです。
もう随分と前に作ったものですし、使ってもらってこちらこそありがとうという気持ちです。
それにこのカバーは他に転用できない専用品ですしね。


XR600Rというバイクは、元々オフロード専用車として海外向けに市販されていた車両。
仕向け地ごとに仕様が異なり、国によっては最小限の保安部品とともにハンドルロックが装備されています。
a0155648_21311577.jpg
今回のキーはメインキーとは別で、ステアリングステムシャフトの通るヘッドパイプの左横についているハンドルロックで、ドイツのキーメーカーのネイマン社製のものです。

これがまた不思議なというか面白いカタチしています。L字型と言ったらいいのかな。
※ R100GSをはじめ2バルブボクサーにもネイマン社製がついていますが、持ち手は丸型の一般的なものです。

このカタチでは、キーホルダーや丸環につけ提げたとしたら重心位置の関係から不安定になりそうです。
メインキーと一緒につけても相性は良くなさそうですし、形状的に車体やハンドルステムまわりに擦れて傷がつきやすそうです。


シンプルな物を希望されており、キーの形状に沿ったカタチで最小限の構造でサラッとこしらえた風にしていますが、実際には小さなものほど制約が多く難しい場合も多く、やはりこのキーカバーもそれなりに悩んで「あーでもない。こーでもない」と考えながら作りました。まぁそれもいい思い出です。

最小の縫いで、最小の立体化。開き留めの造作もなく、極力シンプルに。
今回は試作サンプルを作らず仕上げました。

キーは革二枚に挟まれるように収納されていて、真鍮のリングを基点にスルっと出して使用します。


バイクを所有している間は用を為したということで、お役に立てたのだと都合よく解釈し、今はホッとしています。

次のオーナーさん何処のどなたかわからないですけど、もし、変なカタチのキーホルダーが付いていたら。
それは誰よりもバイクが好きな革職人が作ったものですよ。


Λ.まぁ、普通考えれば中古のキーホルダーは使わないわけで、もうついていないでしょう。
 
 ネイマンさん、面白いカタチでいてくれてアリガトウ。
 勉強になりました。 

 たぶん狭いところでもまわしやすいとかの意味があるんでしょうね。










.

[PR]
by stovlGS | 2018-07-11 22:42 | キーホルダー | Comments(0)
<< ログの追加/引っ越しを検討中。 ダックスホンダ  >>