人気ブログランキング |

ファンシューティング

a0155648_15261751.jpg1月22日に発売になったファンシューティング誌vol.11に、stovlがカラー4ページにわたり掲載されました。

内容はというと、銃砲ジャーナリストの神崎大氏愛用のgill hibben製の2本組狩猟用ナイフのシースをフルオーダーで製作というものです。サンプル製作から完成までの流れが載っております。

このナイフが大小2本組という事もあって、付属の純正シースが使いづらい物らしく、とりあえず収納できればよいという感じの簡素な物でした。メーカーもコストやいろいろな制約の中でやらなければならないのでしょう。
しかし、どう見てもナイフのクオリティに比べると見劣りするのは否めません。ハンティングナイフの世界で定評のあるgill hibbenのナイフでさえシースはそうなのですね。
a0155648_15212749.jpg

そこで、ナイフメーカーがやりきれなかったところをカスタムクラフトというカタチでお手伝いしました。

といってもデザインも構造も全くのオリジナルなのですが。

本来の製作目的の「使いやすく、安全」を大前提にstovl的な技法と構造検証を加えて、ご依頼主の神崎氏とstovlサトーの共同制作がはじまったのでした。

つづく










.

by stovlgs | 2010-01-25 17:46 | ナイフシース | Comments(2)
Commented at 2010-01-25 23:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by stovlgs at 2010-01-26 03:08
gaucheさん

ありがとうございます!
ディテール写真まで沢山載せて頂きました。ホントありがたいです。
たしかにヌメ革と金属は相性良いです。僕も自分用にハンティングナイフとシースが欲しくなりました、でも、使いみちが無いんですよねぇ。
ショーは行きますよ~。
<< コインケース apollo お問い合わせ >>