カテゴリ:コインケース ( 5 )

小銭入れ コインケース コインパース ですよ その2

a0155648_08124974.jpg
先日おつたえした定番コインケースについて。

完成しております。

今回は作るにあたりいつもとは少々異なる想いがありました。
いつもより少しだけ自由に自分の中の基準にてらした革の良さや、ヌメ革本来のすばらしい特徴を表せないかということを含んでいます。

そのなかでルックス的な差異があるとすれば、人によってはネガと捉えることのあるシワや小傷の部分をとりこんで拵えたことです。
想い自体はいつも以上に込めておりますです。

元々革は生きてきた素材です。
合成樹脂や紙のように均一に仕上げることのできない天然のものです。

今回入れ込んだそれらは、本来あって当然。
避けるべきものではないのかもしれません。

上手く取りこめば良い味付けになり、私にとってはそれらがあったほうがより良いものに思えるほど、魅力的なものでもあります。
ただそれらを表情として入れ込むには革自体が良質部位であることの確証がなければなりません。

それを実現するには、革の素材としての見きわめが大切です。


Λ.先ほど公式ホームページ内の新ブログ「製作/log」にコインケースの続き記事を「その2」として追記しました。
 そちらのほうも、どうぞよろしく。
 



 

.



[PR]
by stovlGS | 2018-08-06 11:48 | コインケース  | Comments(0)

小銭入れ コインケース コインパース ですよ。

a0155648_13552040.jpg
じつは定番なのに、ちゃんと告知してこなかったコインケース。
うちにはいくつかのカタチが存在します。

今回のカタチは、4.5年前から作り始めたもので、最近もっとも拵える機会の多いカタチが上画像のコインケース。
どの小銭入れ(コインケース・コインパース)にもいえることですけど、シンプルで小さな構造体といえども細かく手を入れ普通の工場さんでは量産は出来ないくらいには突っ込んだ製作をしているのがストーヴルの小銭入れというアイテムなのです!なんちゃって。


画像は、縫製工程が終わり、閉じた状態にスナップ固定をして全体のバランスをみながらシルエット調整中なところ。

今回の個体は依頼品ではなくて、以前大変お世話になったあるお客様への感謝の意味を込めて作っています。

なので、製品版にはあまり入れ込まない私の好み等を入れながら、組み上げています。
革は良質部位を使いながらも、大きくシワのはいった箇所。
このトラシワが愛おしいのですよ。

表情が豊かになり、風情も倍化します。
※個人的にはそう感じています。


Λ.詳しくは公式ホームページ内の新ブログ「製作/log」で、より細かく製作記のようなものを綴っていきます。
 こちらのほうも、どうぞよろしく!



.





.





[PR]
by stovlGS | 2018-08-02 23:40 | コインケース  | Comments(0)

coin case  メンテ

a0155648_1310057.jpg
コインケースが戻ってきました。 上の画像はメンテ作業終了後のものです。

あるブランド用に製作しているコインケース。これも定番になって長いですが、これは6~7年くらい前に製作した個体だと思います。
相手先仕様製作品の場合、シリアル管理をしているわけではありませんから、はっきりした製作日まではわかりませんが、その時の革のタンナー毎の特徴とか、私のその時期のクセとか製法から推測できます。

この時期の革は、かなり良かった記憶がありますが、エイジング後も良かった事が確認できました。
ユーザーさんも大切に使用して頂いたらしく状態は良いのですが、一目ほど縫い糸が擦り切れていました。

今回は、その箇所だけの補修依頼でしたが、ほつれていない箇所も全体的に麻糸が痩せていました。
もし一箇所直したとしても、近いうちに他の箇所もほつれが発生する可能性がありました。
革の状態からするとまだまだ数年、今までの使用期間を超えられる位の感じでしたので、全体の糸を全部ばらしてクリーニングも含め作り直す事を提案させてもらいましたところ、「是非、お願いします。」とのありがたい御返答。

つづきです。
[PR]
by stovlgs | 2011-09-03 13:53 | コインケース  | Comments(0)

コインケース カラー別注

a0155648_0505541.jpg
本日は、月末の急ぎ作業でした。
数日前、通常量産品を納品した日に、急ぎの追加作業の御依頼。
突貫工事で何とか数個を仕上げ、最終便の発送に間に合いました。
 
朝からの晴れが、なかったら間に合うか微妙なタイミングでした。
アイテムによってはフォーミングした後に、乾燥仕上げが必要な物もあります。

僕の場合、なるべく人口の熱や風に頼らずに、太陽と自然風のチカラをかりての製作を優先します。
それは、エコとかそういう事ではなくて、ただ気分が良いから。

何事も気持ちの良いほうを選べば、エコなんか自然とついてくるんじゃないかな。

つづきです。
[PR]
by stovlgs | 2011-05-26 01:28 | コインケース  | Comments(0)

コインケース apollo

a0155648_23322484.jpg月末納品の製作に追われて、チョッと更新が滞りがち。いかんですね。

書きたい事も結構あるのだけれど、すぐに書かないと忘れてしまったり、その時々の時代性のある日記にならないですし。 でも、このブログは日記というより記録です。logって事です。 

stovl印以外の生産が多い時期ですので、ハーフウォレットの改修作業も、もう少しのところで保留中。でも見えてきました、バリエーションもいろいろ出来そうです。
逆にどうアイテム数を絞っていくか、考えちゃいます。

型数は少なく、より深くが目指すところでしょうかね。

とりあえず今日は、かなり前に作っていた定番コインケースの画像です。
うちの場合、あまりコンチョなどの金物を多用しないのですが、この型は珍しくシルバーコンチョ付のアイテムです。

More
[PR]
by stovlgs | 2010-01-29 00:10 | コインケース  | Comments(2)