<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

dakar2013  とオリビエさん

a0155648_21325937.jpg
2013年大会のダカールラリーが終了しましたね。

自分的には、2008年の第30回大会がテロ予告で中止になって、翌年南米に舞台を移してからはアフリカ開催の頃程の興味も無くなり、チームの動向やレース結果をチェックするという事も少なくなりました。
しかし、今年はホンダがワークス体制で復帰した事やKTMだけが強かった頃に比べ各チームの力が拮抗していることもあって、久しぶりに興味深く見ていた大会。

エントリーリストから参戦している車両を見ていくと面白いクルマも多く、昔のパリダカのような何でもあり的な感じがうれしくなります。
相変わらず報道はトップ周辺のワークスチームばかりですけどね、これは昔と一緒。
でも今はネットがあるから各チームや参加者のサイトで情報チェックが出来ます!これは良いですね。

moto部門でいえば、KTM150xcを駆るアルゼンチンのライダーが完走していました。
小排気量で2サイクルですからね。 こういうのstovlサトー感じちゃうウンですねぇ。
a0155648_2134544.jpg
auto部門は、バギーが増えて上位にも入ってますし、また小型なプロトタイプ車両が多くてうれしくなります。そのなかでも楽しみにしていたのが smart buggy 。しかし、諸事情により寸前で参戦できなかったのは残念でした。
中身はポラリスをベースにしているようですが、小いさなマシンで大陸に挑むのってカッコいいなーと思いまっす。


そして、一つ残念なニュースが。 結構ショック。
80年代にダカールで活躍したジャン・クロード・オリビエさん。ラリーではなく自動車事故で急逝。
あのソノートブルーのワークステネレXT・FZT・YZEを駆り、速くてカッコよかった選手兼ヤマハインポーター・ソノート社の社長。
また、レジェンドが一人・・・。残念です。

上の写真にもありますけど、初期のパリダカでは装着率の高かったレザースーツ。
ず~っと憧れです。当時でさえシルエットもカラーもスタイリッシュとは思えなかったけど、垢抜けない感がカッコよく感じていました。
ディテールでいえば、使用しているファスナーもポイント。今のファッション業界のビンテージなメタル復刻モノとは相反するプラスティック製のビスロン、これが良いんですよ。世間の大多数が反対すると思うけど・・。
自分用に久しぶりにレザージャケットを作りたいとも思っています。
まぁ、だいぶ先になると思いますが。表明だけ。


Λ.今月起きたアルジェリアの襲撃事件や隣国マリの政変や内戦などの報道を見るにつけ、
ダカールラリーがアフリカに戻る事はとても難しい事なのだと痛感しています。
新興国でのプロモーション効果を考えると南米のままでもメリットは大きいのでしょうね。

ダカールって名前つくのに南米開催って。フジロックみたい。
南米のラリーはそのまま残して、アフリカでのダカールラリーも見てみたい。

平和が一番大切という事。


















.
[PR]
by stovlGS | 2013-01-28 23:22 | モーターサイクル | Comments(0)

あたらしい朝 2013

a0155648_1916594.jpg
2013年も、宜しくお願い致します。

快晴の朝に、嘘のないモノづくりを誓う。
仕事も遊びも真剣に取り組みます。

Λ. やはりオフメットが一番好きなんですよ。
   チンガード取り外し式ヘルメットの復活を強く希望。


stovl サトートシヤス








.
[PR]
by stovlGS | 2013-01-02 20:28 | Comments(0)