<   2018年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

再開しています。

お仕事再開しております。

今回は長めのお休みを頂き失礼しました。
北の自然や風土をからだいっぱいに感じ、気分を一新したところで更なる良い物作りが出来るよう努めたいと思います。

皆さまからのお問い合わせやご相談をお待ちしております。

どうぞよろしく。














[PR]
by stovlGS | 2018-08-28 21:24 | Comments(0)

a0155648_08055946.jpeg
天気に左右され、行き先や宿営方法がかわる旅です。
最初の数日間は雨の多さと気温の低さに翻弄されまくり。

普通に考えれば嫌なものですが、覚悟を決めてしまえば、そんな天候でも結構楽しめるもんです。

そうそう先日の投稿のあとから一気に天候が回復。
夕方遅くに入ったキャンプ場から大きな虹が見えましたよ。
野付半島の湾内側は波穏やかです。
この宿営地、かなりレベル高いです。
ホント良いところ。










[PR]
by stovlGS | 2018-08-22 08:04 | Comments(0)

寒い北海道。

a0155648_04454331.jpeg
雨は降り続いており、昨夕やっと落ち着いてきました。
本日夜より天候は回復するとのこと。

長いこと単車乗りやってますので〈今回は四輪ですが〉夏の北海道で長旅をすれば雨は通過儀礼のようなものですけど、今回の寒さには参りました。

夕方の時点で12度。
夜は更に冷え込んだ感じ。
地元の方も今年はいつもと違うと仰ってます。


今回の旅のなかで、ひとつの目的だったのが。

国後島。

娘と見ることが出来ました。
大雨で霧も出ていたので、半分くらいは見るのは難しいかなぁと思ってました。

美しく。
大きな島。









[PR]
by stovlGS | 2018-08-18 04:44 | Comments(0)

函館上陸 雨多し

a0155648_00411204.jpeg
久々に乗ったフェリーはわりとあたらしい船で揺れも少なく快適でした。

北海道は雨模様。

今回の遠征は野営を基本とした旅ととらえていますが、悪天候の影響で初日からテント設営を諦めかけそうになった道すがら、良いポイントを発見。

無事、設営完了。

良い夜を過ごせました。










[PR]
by stovlGS | 2018-08-16 00:36 | Comments(0)

青森到着。

a0155648_00354772.jpeg
今年は高速道路上でのフロントガラスへの飛び石被弾はなく済みました。

お盆渋滞をかいくぐり、船着場に辿り着いております。

終点の青森ICに到達したのはもう夕方ちかく。
切符の取れている便は深夜発の函館行きのため乗船まで時間に余裕が。
そこで高速をおりて直ぐの三内丸山遺跡を散策してきました。ここも十年ぶりくらいかな。
 
北国の清涼な空気のおかげで気分爽快っす。

Λ.これ書いているの船室内なのですが、たった今動き始めた模様。









[PR]
by stovlGS | 2018-08-14 02:04 | Comments(0)

明日から 

明日から夏のお休みを頂きます。

一昨年のリベンジに出掛けます!

家の者が在房しておりますが、基本的に電話・メールへの返信は休み明けになります。
ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。


Λ.もしかしたら、現地レポート的な投稿をするかもしれません。

あっそうそう。ホームページのブログ「製作/log」もよろしくです。
こちらとは少し異なる内容を投稿してます。







.

[PR]
by stovlGS | 2018-08-12 23:23 | お知らせ | Comments(0)

小銭入れ コインケース コインパース ですよ その2

a0155648_08124974.jpg
先日おつたえした定番コインケースについて。

完成しております。

今回は作るにあたりいつもとは少々異なる想いがありました。
いつもより少しだけ自由に自分の中の基準にてらした革の良さや、ヌメ革本来のすばらしい特徴を表せないかということを含んでいます。

そのなかでルックス的な差異があるとすれば、人によってはネガと捉えることのあるシワや小傷の部分をとりこんで拵えたことです。
想い自体はいつも以上に込めておりますです。

元々革は生きてきた素材です。
合成樹脂や紙のように均一に仕上げることのできない天然のものです。

今回入れ込んだそれらは、本来あって当然。
避けるべきものではないのかもしれません。

上手く取りこめば良い味付けになり、私にとってはそれらがあったほうがより良いものに思えるほど、魅力的なものでもあります。
ただそれらを表情として入れ込むには革自体が良質部位であることの確証がなければなりません。

それを実現するには、革の素材としての見きわめが大切です。


Λ.先ほど公式ホームページ内の新ブログ「製作/log」にコインケースの続き記事を「その2」として追記しました。
 そちらのほうも、どうぞよろしく。
 



 

.



[PR]
by stovlGS | 2018-08-06 11:48 | コインケース  | Comments(0)

小銭入れ コインケース コインパース ですよ。

a0155648_13552040.jpg
じつは定番なのに、ちゃんと告知してこなかったコインケース。
うちにはいくつかのカタチが存在します。

今回のカタチは、4.5年前から作り始めたもので、最近もっとも拵える機会の多いカタチが上画像のコインケース。
どの小銭入れ(コインケース・コインパース)にもいえることですけど、シンプルで小さな構造体といえども細かく手を入れ普通の工場さんでは量産は出来ないくらいには突っ込んだ製作をしているのがストーヴルの小銭入れというアイテムなのです!なんちゃって。


画像は、縫製工程が終わり、閉じた状態にスナップ固定をして全体のバランスをみながらシルエット調整中なところ。

今回の個体は依頼品ではなくて、以前大変お世話になったあるお客様への感謝の意味を込めて作っています。

なので、製品版にはあまり入れ込まない私の好み等を入れながら、組み上げています。
革は良質部位を使いながらも、大きくシワのはいった箇所。
このトラシワが愛おしいのですよ。

表情が豊かになり、風情も倍化します。
※個人的にはそう感じています。


Λ.詳しくは公式ホームページ内の新ブログ「製作/log」で、より細かく製作記のようなものを綴っていきます。
 こちらのほうも、どうぞよろしく!



.





.





[PR]
by stovlGS | 2018-08-02 23:40 | コインケース  | Comments(0)