stovl HPN リアバッグ 砂漠ラリー編

a0155648_17382915.jpg
先日のダカールイベントに参加した事で、自分の中のラリー熱が再び高まってきています。この心のタイミングに08.09年ファラオラリー用にstovlワークスとして製作したラリー用レザーテールバッグの事を記しておこうと思います。

巨大な砂丘に2バルブGSで挑むラリーストの田中正一さん。

日本を代表するBMW2バルブボクサー使いであり、エアヘッド2バルブモデルのエンスージアストです。
80年代のデザートレースで無敵だったBMW GSのワークスモデルを製作していたHPN社。
HPN R100GSを駆り、エジプトで開催されるファラオラリーに挑み続けています。





.


More
# by stovlGS | 2010-03-10 20:10 | ファラオ HPNバッグ | Comments(6)

いい日でした

7日の日曜日は、充実した一日でした。
a0155648_6352361.jpgダカールラリー2010 参戦報告会に行ってきました。先月に続いて二ヶ月連続のビッグサイトです。
いつもビッグサイトというとホールでの大きな展示会というイメージでしたが、昨日は会議室。
遠くからでも良く見えるピラミッドを逆さにして4本の柱で支えられたような形の、あの建物の中です。

日野チームスガワラの方達がいらして、今大会の映像を見ながらウラ話も交えたレース報告と、後半は菅原義正さんが83年の第5回大会にXL400で出場された時のお話。
特に印象に残ったのは、景気とモータースポーツのありかたと、モータースポーツの海外との文化的な捉え方の違いのお話でした。 
忙しさを理由にバイク遊びを少し縮小気味にしていた自分、よし、今年は乗るぞ!と思うことができましたね。結局は乗れない日々も、頭の中はバイクの事ばかりでしたから。

80年代パリダカファンの私にとっては、とても興味深い話を聞け、楽しめた報告会でした。

しかし、残念なのは今年の大会には、日本からバイクの出場者がいなかった事でしょうかね。

Λ. ラリーに出場される方がいらっしゃれば、stovlとして革製バッグ等の装備品で協力しま~す。ご一報ください!

More
# by stovlGS | 2010-03-09 07:18 | Comments(0)

ハーフウォレット再考  インナーパーツ試作

a0155648_21364735.jpg魔?の月末を乗越えて、久しぶりの更新です。

進めているハーフモデルのサンプル製作の続き、インナーパーツの組上げです。
今回のベーシックモデルリニューアルで変わった寸法と機能面のチェック、それと使い勝手のバランス検証。ファーストサンプルとしてはまあまあの出来でしょうかね。もちろん細かな修正はありますが。

スナップ留めと、差込み留めのフラップとでは、作る上で気を付けなければならないポイントがちがってきます。
簡単に開かないようにしっかりと固定できるのは大前提(stovlの場合はカチッとした節度感も大切にしています)ですが、差込みフラップの製作において特に気をつけているのは形です。ここでいう形というのは、デザインというよりも革が傷みづらくなる形のことです。
コインスペース使用時に持ち出し部を引き出すか、差込みの先端部を押し出して開閉してもらえるのならば良いのですが、フラップの側断面を力点を考えずに手荒く扱われてしまうと厚い革といえども捩じれや歪み皺等の革へ小さなダメージを受ける事があります。
それらの事から、差込み部から両斜め上に向けてのフラップ形状の角度を少し強めにして、側断面を押し出しても革に負担が掛かりにくいデザインにしています。
制約の中で少しでも良いラインを見つけるというのが大切なんですね。まだまだ追求は続きます。 

stovlとして製作する時は、自分のデザインしたOEM品に似ないようにするのが一番大変だったりしますぅ。。製作者が一緒ですから。

More
# by stovlGS | 2010-03-03 23:59 | 二つ折り財布 | Comments(0)

シース  フルオーダー 2in1 その2

a0155648_13524810.jpg
先ず最初に完成画像。
a0155648_21203973.jpg
そして、ナイフシース製作の続きです。
こうして横から見ると、厚さがお解かり頂けるでしょう。かなりのボリュームです。前回の繰り返しになりますが、オモテ面からウラ面に向かって垂直に、かつウラ面の針目が不揃いにならないように針穴を開けるのには、技術と気合、シッカリ砥いだ菱切りと集中力が大切です。

そして、一番の懸案だった、ナイフの固定方法。シースに対してスナップやドット留めが好きじゃないという事もありますが、絶対に外れないかといえば、そんな事もないこれらの金物に、大切な2本のナイフをまかす気にはどうしてもなれませんでした。

More
# by stovlGS | 2010-02-24 01:35 | ナイフシース | Comments(0)

フサベル

a0155648_147525.jpg
乗ってしまいました。
今現在、最強のバイクのひとつでしょう。

エンジン。 横向きに寝ちゃってますが、最新のカブではありません。

HUSABERG FS570。
最近のシングルエンジンに乗っていなかった事もありますが、久々にショック受けました。時代は移ろっておりますね。

パワー、軽さ、独創性。 これぞスウェーデンプロダクト! 
真似ていないし、こびていない。

More
# by stovlGS | 2010-02-19 07:00 | モーターサイクル | Comments(4)