タグ:ラリー ( 3 ) タグの人気記事

CRF450rally フランスで盗難。ダカールラリー開催間近

a0155648_23344573.jpg
師走に入り一月スタートのダカールラリーが楽しみなクロスカントリーレイドファンのストーヴル佐藤です。
数日前、とんでもない事件のニュースをみつけてしまいました。
ホンダワークスのラリーマシン【CRF450ラリー】がフランスで盗難にあったというのです。
日本国内で殆ど報道されていないこともあって情報が不足しておりまして、はっきりしたことはわかりません。

ラリーファンのストーヴル佐藤、日々海外のラリーバイクの情報もチェックしておりまして、
今回はフェイスブック内でホンダファクトリーライダーの選手ページをフォローしていることで知った次第です。
(ご当人の発言というより、フォローしている人達の応援メッセージで、ただ事ではないと気付きました)

事件の状況としては、チームのトレーラーに積んでいたところ荷室をこじ開けられヘルメットなど装備品と共に盗まれてしまったようです。
私が見かけたフランスや南米のニュースメディアの報道では細かいところまで理解できないでおりますが、盗まれた台数などは表記されていません。

これはガセネタだって思いたいところですが、実際のところどうなんでしょう。
ホンダからのオフィシャルな発表もない状態です。
本当に盗難にあっていてバイクが見つからなかった場合、一月のダカールラリーのスタートに間に合うかということです。
スタート前に車検やプロローグランなどもあるでしょうから、かなり余裕をもって現地に到着していなければいけない状況なのは間違いありません。
それに現在のダカールラリーはダカールといいながらも南米大陸での開催で、スタートはペルーのリマです。

盗まれた台数によるのかもしれませんが、スペアカー的なマシンは複数台存在するのでしょうか。
早く無事に戻ってくることがベストなのですが、状況によっては一から組み立てるなどして間に合わせることが出来るのか。とても心配です。
でも、昭和三十年代から海外で戦ってきたホンダです。絶対に大丈夫だと信じています。
この事象を乗り越えての優勝を見てみたいです。

※.画像は海外ニュースサイト掲載のものです。実際の車輛かは不明です。

Λ.88年の第10回パリダカで、アリ・バタネン選手のプジョー405t16がゴールまで数日のところで盗まれた事を思いだしています。あのときもビックリしましたよねぇ。
 今年はもう第40回大会なんですよ。あれから30年たってしまったとは。

 そういえば、少し前に朝霞研究所のイベントに伺ってきました。
 会場で展示されていた【CRF450ラリー】 長時間かぶりつきで観察してきました。
 その辺のレポートも近々載せる予定です。


今回のこの事変、何かの間違いと信じたいです。
私の勘違いだったら、スミマセン。







.

[PR]
by stovlGS | 2017-12-02 00:00 | モーターサイクル | Comments(0)

dakar2013  とオリビエさん

a0155648_21325937.jpg
2013年大会のダカールラリーが終了しましたね。

自分的には、2008年の第30回大会がテロ予告で中止になって、翌年南米に舞台を移してからはアフリカ開催の頃程の興味も無くなり、チームの動向やレース結果をチェックするという事も少なくなりました。
しかし、今年はホンダがワークス体制で復帰した事やKTMだけが強かった頃に比べ各チームの力が拮抗していることもあって、久しぶりに興味深く見ていた大会。

エントリーリストから参戦している車両を見ていくと面白いクルマも多く、昔のパリダカのような何でもあり的な感じがうれしくなります。
相変わらず報道はトップ周辺のワークスチームばかりですけどね、これは昔と一緒。
でも今はネットがあるから各チームや参加者のサイトで情報チェックが出来ます!これは良いですね。

moto部門でいえば、KTM150xcを駆るアルゼンチンのライダーが完走していました。
小排気量で2サイクルですからね。 こういうのstovlサトー感じちゃうウンですねぇ。
a0155648_2134544.jpg
auto部門は、バギーが増えて上位にも入ってますし、また小型なプロトタイプ車両が多くてうれしくなります。そのなかでも楽しみにしていたのが smart buggy 。しかし、諸事情により寸前で参戦できなかったのは残念でした。
中身はポラリスをベースにしているようですが、小いさなマシンで大陸に挑むのってカッコいいなーと思いまっす。


そして、一つ残念なニュースが。 結構ショック。
80年代にダカールで活躍したジャン・クロード・オリビエさん。ラリーではなく自動車事故で急逝。
あのソノートブルーのワークステネレXT・FZT・YZEを駆り、速くてカッコよかった選手兼ヤマハインポーター・ソノート社の社長。
また、レジェンドが一人・・・。残念です。

上の写真にもありますけど、初期のパリダカでは装着率の高かったレザースーツ。
ず~っと憧れです。当時でさえシルエットもカラーもスタイリッシュとは思えなかったけど、垢抜けない感がカッコよく感じていました。
ディテールでいえば、使用しているファスナーもポイント。今のファッション業界のビンテージなメタル復刻モノとは相反するプラスティック製のビスロン、これが良いんですよ。世間の大多数が反対すると思うけど・・。
自分用に久しぶりにレザージャケットを作りたいとも思っています。
まぁ、だいぶ先になると思いますが。表明だけ。


Λ.今月起きたアルジェリアの襲撃事件や隣国マリの政変や内戦などの報道を見るにつけ、
ダカールラリーがアフリカに戻る事はとても難しい事なのだと痛感しています。
新興国でのプロモーション効果を考えると南米のままでもメリットは大きいのでしょうね。

ダカールって名前つくのに南米開催って。フジロックみたい。
南米のラリーはそのまま残して、アフリカでのダカールラリーも見てみたい。

平和が一番大切という事。


















.
[PR]
by stovlGS | 2013-01-28 23:22 | モーターサイクル | Comments(0)

砂漠とVespa 再び

a0155648_1723179.jpg
先頃、エジプトで行われたファラオラリー。

大会のエントリーリストをチェックしていて、うれしくなる車輌を発見!
2台のVespa PX150 。

80年の第二回オアシスラリー(パリダカ)に挑戦したvespa P200を思い出してしまいました。

当時、最初期のパリダカの情報は、雑誌やムック本からしか知ることができませんでした。
その中でも印象に残ったのが、vespa P200によるパリ・ダカール参戦だったのです。

つづきます。
[PR]
by stovlGS | 2011-10-29 18:30 | モーターサイクル | Comments(4)